忙しくてもおいしいごはんを作りたいのだ

muutaru.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 18日

キャベツの一番柔らかいところ キャベツの千切りサラダ 定番

e0087277_197912.jpg
キャベツの一番柔らかい所はてっぺんの部分とのこと
千切りキャベツにこだわる時は上をスパンと切り落として使い、
極上の千切りキャベツにしてみましょう!だって

千切りにしてごま油を煙が出るまで熱してジュっとかけ
海苔と削り鰹をあしらってポン酢ででっきあっがり~



e0087277_1913355.jpg
おおお~!すごい ふんわり柔らか ちょっとびっくり
茎の部分が全く入ってこないし、葉も柔らかで
ポン酢を吸った削り鰹の重さに負けてしまうくらい繊細

上を切ったのでこんな見慣れないキャベツの姿になりました

海苔・ごま油・ポン酢・削り鰹の組み合わせも大好きだー!
あだだのことが しゅきだたらー!(チャミスルCM風にさけびました♪キャベツに)
[PR]

# by muutaru | 2006-05-18 19:17 | サラダ | Trackback(1) | Comments(2)
2006年 05月 17日

こごみの炒めもの

e0087277_2032914.jpg
こごみって使ったことありませんでした。
こごみって?
食材辞典 こごみ

とにかくクセが無いとの事で、muutaruが見たレシピでは
豚バラと炒めて醤油味の基本の炒めもので
胡椒タップリスパイシー仕立てのが記憶にガッシリきた

でも使い切りたいスパムと炒めたよ

うむうむうむっ!アスパラくらい食べやすい!!
歯ごたえはコリコリ感があってむしろアスパラより好きっ
巻いてる中のふさふさも気にならないし、とにかく色がきれいだし。

見た目が面白いので、おもてなしに上手く盛り付けたら
華やかだしシュールだし、地味なお肉料理の付け合せには
いんげんよりカワイイでははいか!
(注)加熱後はマキマキのとこを持たないとビローンと伸びちゃいます

ただ山菜ですからねー 普段使いのお野菜と違って
家族多い方はわざわざ使わないか~…
でもお子様の山菜手始めの一歩にも熱烈歓迎されそう
「山菜っておいしいんだ」ってね♡ 自分で収穫したらさらにね

こごみ狩りに行きたくなってきちゃったなー
muutaruの実家は山菜採りに積極的です。
特にたらの芽にめがない、父はシーズンでなくても
茂みのそばを通ると「ほら!たらの木、ここにもあそこにも」って過剰反応。
こしあぶらも採った事はないのですが最近知ったお気に入り♪ 
自分で採って頂くのは格別ね! 人間本来の獲って食べる本能的な
欲求が満たされるんだよね 健康的な欲望
来年のために根こそぎは採らず少しおすそ分けしていただく位で**
[PR]

# by muutaru | 2006-05-17 20:30 | メイン | Trackback | Comments(4)
2006年 05月 16日

白鶏(パイチー) 定番

e0087277_20305081.jpg
COOCPADでずっと気になっていた
こちらのレシピ 何てシンプルな!やってみました

白鶏(パイチー)

胸肉ってほんと経済的なので胸肉レシピに
目が無いのだ
でもなかなかおいしいのって少ないんだよね



2分ゆでたら火止めちゃってフタして置いとくだけ!
茹で汁に浸けたまま保存するんでーす

その日もシットリうんまかったけど
やっぱり2日め美味しさ倍増!明日は3日目わくわく
(3日同じものも一人暮らしは平気であります)
もも肉はダメなのだろうか…
ちょこっと付いてた皮がまたうまい☆ 皮付きをオススメです

これからの夏のうだる暑さの時、沸騰するまで
我慢すればありがたーい涼レシピだね 
これから何度も作りそうです ありがとーっ!

きゃぁぁぁ~ 辰巳さん祭だ~!
第1回見逃した~ 2回目再放送(明日)から間に合ったよ~ 
カトさんサンキュでっしゅ
NHK知るを楽しむ いのちのスープ
[PR]

# by muutaru | 2006-05-16 20:51 | メイン | Trackback(1) | Comments(5)
2006年 05月 15日

焼きソバについて 納得オトクのコツ

e0087277_23151322.jpg











この日のデリデリキッチンは野菜たっぷりなものの普通そうな「焼きソバ」
いやいやいや! こーいうありきたりなレシピの時こそ!
先生がぜひ伝えたいメッセージがあるものなのだ。
キター!! しぇんしぇい、しぇーしぇ

味付けは酒・オイスターソース・塩・こしょうのオーソドックスなものですが
複数のコツがありましたよ

セロリなどの香りのある野菜を入れる
ザーサイ・高菜漬けなどの漬物を入れる
サッパリさせるのとコク出しで酢を後の方でひとタラリ
刻んだ長ネギとごま油はラストに、入れてひとまぜくらいでフィニッシュ

この時実はすっごく急いでいたので漬物入れ忘れた
そこ肝心なとこじゃー
で、野菜もセロリと玉ねぎのみだったのだけど
やりましたっ 作りこまずして「焼きソバ」は自信作になっちゃったよ、うまー

郁恵さんが言ってたように「優しいんだけど決してボケてる訳でなく
すっごくおいしい」と、まさにそれ!
漬物無しでこれだからザーサイ入れたらもう~ じだんだじだんだ

付いてる粉末で屋台風ソース焼きソバも捨てがたいけど (´・д・)人(・д・`)ネー
これはかなりオススメの焼きソバのコツでした 
[PR]

# by muutaru | 2006-05-15 23:34 | 主食 | Trackback(1) | Comments(0)
2006年 05月 12日

ささがきの方向

ごぼうをささがきにする時、先端の方向へ向かって
ささがくと繊維に沿った方向で包丁がスムーズに滑るのですが
繊維がそのまま残るので歯ごたえが固くなるそうです

頭の方向に向かってささがくと繊維を断ち切るので柔らかく仕上がる
と「今日の料理」で築地田村の3代目田村隆氏のお教えでした。
[PR]

# by muutaru | 2006-05-12 20:55 | 一言メモ | Trackback | Comments(3)
2006年 05月 12日

新ごぼうと新たまねぎのサラダ

e0087277_1850572.jpgこのオリジナルレシピは「新ごぼうと紫たまねぎ」のサラダで
新ごぼうの薄茶の皮の色と玉ねぎの紫がとっても華やかな
サラダ。

でも新たまねぎ山のよう…なので今回は。
しろ~いサラダになりました。

玉ねぎはスライスして軽く水にさらして水気を切る
新ごぼうも細切りにし、


新ごぼうの魅力を最大限に生かすには
浸水3分・茹でるのもサッと
とありました サッて何分なの~??

と凝視してると20秒程で透き通ってきた感じになったので
慌てて救出! セーフ 油断しなくて良かった…

で、レモン、にんにくすりおろし、オリーブオイル、
塩、こしょう、の定番リーフ系サラダのドレッシングで完成。

切ってる時からごぼうはウドみたいに白くて瑞々しく
やわらかい、この季節ならではの特別な味わいなのだ♡
全然違うのね~、新ごぼうの季節は絶対1度はサラダ!
でももっと香りがあってもよかったな
それは洗いごぼうを買ってしまったからだろう
次は香りが繊細だからこそ「泥つき」だと思った。

しかしやっぱりマヨ味も捨てがたい
明日は1晩マリネされたのを味見してみたら
辛子マヨネーズを追加しちゃおう
でもきっとごぼうの味が優しいから消えてしまうかもね
[PR]

# by muutaru | 2006-05-12 19:08 | サラダ | Trackback | Comments(0)
2006年 05月 10日

ミディトマトのおひたし

e0087277_18445979.jpg







まだまだ体内環境正常化キャンペーン中
先日「春野菜のおひたし」をしてから出汁を取る時の
香りがブームになったようで再びおひたし。

もひとつお浸しが続く理由が「昆布を水に浸けて置く時間は30分でよい」
と自分の中でキッパリ結論出た事で出汁取りが気楽になったから。
2時間~半日~前の晩 と浸け置き時間の様々な言い伝えを目にし
「時間がかかる」ってイメージで少し面倒と思ってたけど
ここのとこ連続して好きな料理家の本に30分とあったので
そうしてみた。充分です、muutaruには、
30分だと家帰って水にポンしとけば着替えたり
何だしてればすぐだもんね、は~スッキリ

2カップの出汁に塩小さじ1ほど入れて少し塩気が
強めの味付けで薄口醤油をひとたらし。
そこに皮を湯剥きしたミディトマトをひたしました。

これのお楽しみも明日ねー

先日の春野菜のおひたしは2日に分けて頂いたのだけど
2日目はすごーく出汁の香りが良くも悪くも強く感じた。
食べるとほぼ出汁のお味って感じ。
余った汁を飲んでみたら野菜からの甘みがとっても出ててうんまい。
甘みのみりんなど入れてないんだからすごいぞ野菜!
卵豆腐にかけるタレのようなお味になってました。

昨日のこんにゃくとレバーも確実に今日の方がオイシイ
味も歯ごたえもしっとり落ち着いてくれてます。
しかもしっかりナンプラー効果出てました、いり粉を入れてあるような
香りがちゃんと。熱いと味見しても分からなかったりするな~
経験がものをいう部分も大きいって事ねっ

e0087277_18552120.jpgすごいもの目撃しちゃいました
7000円!アホか・・・
15個ほどの箱詰め
写真撮ってたら店員さんの
厳しい目線が刺さったような気がした!
「お客様!こちら公にされては困るんですっ部外密で!」
だね
[PR]

# by muutaru | 2006-05-10 19:08 | サブおかず | Trackback(1) | Comments(2)