忙しくてもおいしいごはんを作りたいのだ

muutaru.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 24日

さわらのソテー・醤油マヨソース 定番 

e0087277_1854521.jpg(材料 1人分) 15分
さわらの切り身 1切れ
オクラ        適宜 湯掻く
サラダ油     大さじ1
塩・こしょう    少々
(a)
マヨネーズ    大さじ1
醤油        小さじ半
レモン(が無くて白ワインビネガー)  大さじ半
おろししょうが   少々
塩・こしょう     少々

1 (a)を合わせておく
2 油を熱し、さわらを身を下にして軽く塩・こしょうして蓋して中火で焼く
3 焼けたら返して両面こんがり焼く
4 皿にさわらと湯掻いたオクラを盛って(a)をかける

* ケンタロウさんのレシピ参考 分量は半量に調節
   付け合せは青ネギを一緒に焼いてました その方がオイシソウ!
   でもオクラがあったので。

さわらは油がのっていて大好きなお魚の1つ。
ブリとか、比較的脂っこい魚が好きです。
「春の魚(鰆)」ですが、最近養殖技術が発達したため
1年中脂がのったおいし~いさわらがいただけます☆

キリッとしたソース、しょうがとレモン(今回ワイン酢)が
さわらの脂をスッキリさせてくれてます お~いし~い 
作ってよかった ホントは眠くて挫折気分だったけど
魚だし…と思って重い腰を上げたのだ
でもやっぱり白身なのでマヨとのコンビネーションも欠かしてない
クリーミーさがすんばらしい

春らしさを演出させてくれる何にでも使えそうなソースだね
鶏モモ・鮭・ホタテ などなど… 想像がわんさと膨らむの~
春野菜にもピツタリよん ケンタロウちゃん ありがとぉうっ

今日は辰巳さんの「いのちのスープ」最終回 (5/16 参照)
10:25から く~っ たのしみ~ はなぢドドンパ
[PR]

# by muutaru | 2006-05-24 19:15 | メイン | Trackback(1) | Comments(0)
2006年 05月 22日

春野菜でポトフ

e0087277_1875553.jpgここのところ週末は
コッテリムチムチのお料理を食べる機会が続くmuutaru。
反動で週頭はスッキリお野菜料理をたっぷり食べたい。


特に野菜スープはニーズにピッタリ
しかも春は春で新たまねぎとかサラダかぶとか
にんじんとか根菜がまた冬とは別の表情してて
うんまそうなのだ…


春野菜でポトフはだめか?

ポトフは何度も作ってるけどいつもなんだか間が抜けた味。
牛スネがお高いので
ベーコンとか顆粒のスープだしとか使ってたけど…

春野菜は特に水分が多くて味も優しいのでただでさえボケた味になる危険性タップリ
よ~し、今回こそ牛スネでいくぞ~
えいや!とう! あいたたた クスン
レシピでは400gのとこ300gにしたのが弱気の表れ

ま、のど元過ぎれば何とやら かったぞやったぞ
あ!にんじん忘れたっ

牛スネをたこ糸でマキマキして水に入れ、
ダシ用のセロリの葉、玉ねぎ2つわりにしてポン、ローリエひらり
アクをすくいつつ弱火で60~90分

ダシ用の野菜を取り出し、食べやすくでも大きめに切った具の
玉ねぎ、セロリ、キャベツ、かぶ を固いものから時間差で入れ
柔らかくなったら塩・こしょうで味を整える

おおお~!ぜんぜん違うよ~~ 
牛スネすごいよ 
ポトフなので濃厚なって訳ではないけど求めていた味がでたよ~ 
やはりここがネックだったのか 
牛スネめ!高いぞ~ しょちゅうは無理だ ちきしょう~

muutaruの今のトコいっちばんお気に入りのポトフは「つばめグリル」のポトフ。
生ソーセージも入れたら くーっ 想像しただけでよだれダラー 

特に今回新玉ねぎのとろけたのはとっってもよかったー
春限定のポトフの味わいとなりました


地味めに*今日の実験*
「かぶは皮がついたままとむいたのとどっちがいいか?」

で、今回半分むいたの、半分そのままでやりました
<結語>
う~ん よくわからんかも…
サラダカブだったからか、ほとんど味としての違いは無し。
かろうじて皮付きの方が香りが強く、ボリューム感が
根菜食べてるぞって感じかな。

ただ皮付きの方が見た目も舌ざわりもクリンッとしててよかった。
真冬のカブだとまた差がでるのかもね
サラダカブはもともと皮ごと食べれるカブですから 
しょぼい実験でした

e0087277_1844017.jpg
サラダカブはスライスしてしょうゆをたらすだけでオイシイ!
*スーパーの試食コーナー参考
ダシなどの入った醤油だとなおおいしい
(かき醤油とか、昆布しょうゆとか 茹で野菜にチロッとかける
だけで一味違うしあると便利かもねー)
[PR]

# by muutaru | 2006-05-22 18:48 | スープ | Trackback(1) | Comments(6)
2006年 05月 18日

キャベツの一番柔らかいところ キャベツの千切りサラダ 定番

e0087277_197912.jpg
キャベツの一番柔らかい所はてっぺんの部分とのこと
千切りキャベツにこだわる時は上をスパンと切り落として使い、
極上の千切りキャベツにしてみましょう!だって

千切りにしてごま油を煙が出るまで熱してジュっとかけ
海苔と削り鰹をあしらってポン酢ででっきあっがり~



e0087277_1913355.jpg
おおお~!すごい ふんわり柔らか ちょっとびっくり
茎の部分が全く入ってこないし、葉も柔らかで
ポン酢を吸った削り鰹の重さに負けてしまうくらい繊細

上を切ったのでこんな見慣れないキャベツの姿になりました

海苔・ごま油・ポン酢・削り鰹の組み合わせも大好きだー!
あだだのことが しゅきだたらー!(チャミスルCM風にさけびました♪キャベツに)
[PR]

# by muutaru | 2006-05-18 19:17 | サラダ | Trackback(1) | Comments(2)
2006年 05月 17日

こごみの炒めもの

e0087277_2032914.jpg
こごみって使ったことありませんでした。
こごみって?
食材辞典 こごみ

とにかくクセが無いとの事で、muutaruが見たレシピでは
豚バラと炒めて醤油味の基本の炒めもので
胡椒タップリスパイシー仕立てのが記憶にガッシリきた

でも使い切りたいスパムと炒めたよ

うむうむうむっ!アスパラくらい食べやすい!!
歯ごたえはコリコリ感があってむしろアスパラより好きっ
巻いてる中のふさふさも気にならないし、とにかく色がきれいだし。

見た目が面白いので、おもてなしに上手く盛り付けたら
華やかだしシュールだし、地味なお肉料理の付け合せには
いんげんよりカワイイでははいか!
(注)加熱後はマキマキのとこを持たないとビローンと伸びちゃいます

ただ山菜ですからねー 普段使いのお野菜と違って
家族多い方はわざわざ使わないか~…
でもお子様の山菜手始めの一歩にも熱烈歓迎されそう
「山菜っておいしいんだ」ってね♡ 自分で収穫したらさらにね

こごみ狩りに行きたくなってきちゃったなー
muutaruの実家は山菜採りに積極的です。
特にたらの芽にめがない、父はシーズンでなくても
茂みのそばを通ると「ほら!たらの木、ここにもあそこにも」って過剰反応。
こしあぶらも採った事はないのですが最近知ったお気に入り♪ 
自分で採って頂くのは格別ね! 人間本来の獲って食べる本能的な
欲求が満たされるんだよね 健康的な欲望
来年のために根こそぎは採らず少しおすそ分けしていただく位で**
[PR]

# by muutaru | 2006-05-17 20:30 | メイン | Trackback | Comments(4)
2006年 05月 16日

白鶏(パイチー) 定番

e0087277_20305081.jpg
COOCPADでずっと気になっていた
こちらのレシピ 何てシンプルな!やってみました

白鶏(パイチー)

胸肉ってほんと経済的なので胸肉レシピに
目が無いのだ
でもなかなかおいしいのって少ないんだよね



2分ゆでたら火止めちゃってフタして置いとくだけ!
茹で汁に浸けたまま保存するんでーす

その日もシットリうんまかったけど
やっぱり2日め美味しさ倍増!明日は3日目わくわく
(3日同じものも一人暮らしは平気であります)
もも肉はダメなのだろうか…
ちょこっと付いてた皮がまたうまい☆ 皮付きをオススメです

これからの夏のうだる暑さの時、沸騰するまで
我慢すればありがたーい涼レシピだね 
これから何度も作りそうです ありがとーっ!

きゃぁぁぁ~ 辰巳さん祭だ~!
第1回見逃した~ 2回目再放送(明日)から間に合ったよ~ 
カトさんサンキュでっしゅ
NHK知るを楽しむ いのちのスープ
[PR]

# by muutaru | 2006-05-16 20:51 | メイン | Trackback(1) | Comments(5)
2006年 05月 15日

焼きソバについて 納得オトクのコツ

e0087277_23151322.jpg











この日のデリデリキッチンは野菜たっぷりなものの普通そうな「焼きソバ」
いやいやいや! こーいうありきたりなレシピの時こそ!
先生がぜひ伝えたいメッセージがあるものなのだ。
キター!! しぇんしぇい、しぇーしぇ

味付けは酒・オイスターソース・塩・こしょうのオーソドックスなものですが
複数のコツがありましたよ

セロリなどの香りのある野菜を入れる
ザーサイ・高菜漬けなどの漬物を入れる
サッパリさせるのとコク出しで酢を後の方でひとタラリ
刻んだ長ネギとごま油はラストに、入れてひとまぜくらいでフィニッシュ

この時実はすっごく急いでいたので漬物入れ忘れた
そこ肝心なとこじゃー
で、野菜もセロリと玉ねぎのみだったのだけど
やりましたっ 作りこまずして「焼きソバ」は自信作になっちゃったよ、うまー

郁恵さんが言ってたように「優しいんだけど決してボケてる訳でなく
すっごくおいしい」と、まさにそれ!
漬物無しでこれだからザーサイ入れたらもう~ じだんだじだんだ

付いてる粉末で屋台風ソース焼きソバも捨てがたいけど (´・д・)人(・д・`)ネー
これはかなりオススメの焼きソバのコツでした 
[PR]

# by muutaru | 2006-05-15 23:34 | 主食 | Trackback(1) | Comments(0)
2006年 05月 12日

ささがきの方向

ごぼうをささがきにする時、先端の方向へ向かって
ささがくと繊維に沿った方向で包丁がスムーズに滑るのですが
繊維がそのまま残るので歯ごたえが固くなるそうです

頭の方向に向かってささがくと繊維を断ち切るので柔らかく仕上がる
と「今日の料理」で築地田村の3代目田村隆氏のお教えでした。
[PR]

# by muutaru | 2006-05-12 20:55 | 一言メモ | Trackback | Comments(3)