忙しくてもおいしいごはんを作りたいのだ

muutaru.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2018年 08月 31日

コーンビーフのメージ変わりました。

e0087277_05195070.jpg
















コーンビーフは缶を開けるのがめんどくさい!
と思っていたら、あらま!こんな感じの
パッケージで出ていました。

中もペリーッと中蓋を開けるだけです♪♪

なんだ~、あの昔ながらの缶でなくてはならない
深い事情があるのかと思っていました。

さらに、コーンビーフはちょっとお高い・・・
と思っていたのですが。

ある日の料理番組で、

コーンビーフはかなり
圧縮されているので、
ほぐすと実はけっこうな
ボリュームなんです。

いわれてみればそうだわ。

嵩増しが節操なく横行している現代において
あえてここまで圧縮して嵩を減らして売っている
食材もめずらしい。

コーンビーフ、実はかなり使える!?

e0087277_05195362.jpg
















で、この日はコーンビーフポテト。
シンプルでもやっぱり美味しいですね。

田崎さんが  こんな  レシピを紹介していました。

焼酎全般に合いますが、
特に麦焼酎がオススメ。

とのこと。
焼酎!意外です。










◇◇◇◇◇
(´▽`)

[PR]

by muutaru | 2018-08-31 05:33 | その他 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 30日

塩キャベツでお好み焼き

e0087277_05221182.jpg
















先日作り置いた塩キャベツ、
まずはお好み焼きに入れてみました。

水気を切るかきらないか迷いましたが、
水の中にもキャベツの栄養素と
発酵していないからダメかもしれませんが、
野菜に自生している乳酸菌も
生きているかもしれないと思い・・・

そのまま イン!

キャベツの塩分があるのでソースは控えめに。

うま (;´д`)

ものすごい大量のキャベツが入りましたが
うま (;´д`)

キャベツに下味が付いている分、
お好み焼きの味にまとまりがあるのかも。

もはやこれは粉ものでなく野菜料理。

塩キャベツ、あと少し残っているので
次のバーションを考えよう。







◇◇◇◇◇

[PR]

by muutaru | 2018-08-30 05:30 | その他 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 29日

春雨サラダいついての懸案

e0087277_05183149.jpg
















中華風に味付けした春雨サラダ、基本的には
緑豆春雨で作りますが、冷蔵庫で1晩置くと
春雨が固くなりお口の中でゴワゴワと・・・

う~ん、戻した緑豆春雨は作り置きには
向かないのだろうか。

では今回はマロニーでいってみよう!

と試作しましたが・・・う~ん・・・
プルプルの歯ごたえはキープされましたが、
1本1本が若干太いので、味かなじみにくい
というか、味かボケるというか・・・

結局、追いマヨしてしまいました。

スーパーやコンビニでは普通に売っていますよね。
固いと感じた事はないんだけどな。

作り置くなら、もっとしっかり戻す
時間を取らねばまるまいか?
戻し時間で解決するのか?

目からウロコ情報、降ってこないかな~










◇◇◇◇◇



[PR]

by muutaru | 2018-08-29 05:27 | サラダ | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 28日

塩キャベツ

e0087277_05314312.jpg
















キャベツは2/3個ほど全てを 飛田さんの
こちら   塩キャベツにしてみました。

ひたすら千切りにして強めの塩をして
そのまま保存するのみです。

これを下味の付いたキャベツとして
色々なお料理に使えますというもの。

とりあえずノープランのまま塩キャベツに
しましたので上手く展開できるでしょうか。

とりあえずは、スープ?オムレツ?
コールスロー? 辺りがイメージとして
浮かんでいます。









◇◇◇◇◇

[PR]

by muutaru | 2018-08-28 05:38 | その他 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 27日

丸ごと2トップ

e0087277_05143968.jpg

















偶然かぼちゃ丸ごととキャベツ丸ごとを
同時にいただきました。

2者ともなかなかの存在感の圧の強さです。

個人的にはあと白菜を加えて丸ごと3トップ中の
2トップメンバー。 (;´д`)
いただいたからにはおいしく楽しみます♪

かぼちゃは私には扱いのちょっと難しい
日本かぼちゃかと思いきや、

こちら  おそらく雪化粧という中は黄色が
濃くホクホクおいしい品種と思われます。

かぼちゃは丸ごとなら2か月ほど保存ができ、
収穫したてより置いて追熟した方が
でんぷんが糖質に変わっておいしくなるとのこと。

しばらくキッチンの床にごろんと転がして
インテリアとして楽しんでからいただこう。
(´▽`)






◇◇◇◇◇

[PR]

by muutaru | 2018-08-27 05:26 | その他 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 26日

正体は蒸発率

分量をレシピの倍作りたい時単純に材料を
2倍するとうまくいかない時が多々あります。

素材からの水分?蒸発の量?具材と調味料の
バランス?漠然としたままでしたが。

土井先生の本に回答がありました。

その正体は  蒸発率

なるほど、それがはっきり分かれば
加熱する、しない、加熱の仕方、
水の分量、調味料の分量、
その状況によって調整のだいたいの
塩梅が全く知らないよりは見当が
付く気がします。

意外にレシピと分量を変えるとうまく
いかない理由も分かった気がします。

変えた分量では蒸発率など検証は
されていませんもんね。

結局レシピはやはり目安、
という事になるでしょう。

ふ~、ひとつスッキリしたわ (´▽`)






◇◇◇◇◇

[PR]

by muutaru | 2018-08-26 17:27 | 一言メモ | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 26日

あわのちから

e0087277_06075130.jpg
















水筒やジャグのゴムパッキン部の黒カビに
なやまされていました。

哺乳瓶の消毒のなごりで液体のハイターを
希釈した液に漬けて置いていましたが
全くカビは取れませんでした。

先日ふと思い立ち、泡ハイターを直接噴射し
泡が消えたら少し液体から出ている部分だけ
漬かるくらいの水をわずかに足して漬け置くと
・・・・

見事によみがえりました~ (´▽`)
黒カビ、一網打尽です!

液体ハイターの希釈の倍率が
合っていなかっただけかもしれませんが。

泡でスッキリ

ほんとこれに気が付くまで長かった~
(;´д`)








◇◇◇◇◇

[PR]

by muutaru | 2018-08-26 06:15 | その他 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 26日

まさみさんのゆで豚

e0087277_05425971.jpg
















キューピー3分クッキング まさみさんの
レシピは  こちら

ロースとバラの塊肉を
弱火でことこと50分茹でるだけ。

今回は色々と紆余曲折があり、
ロースは3日ほど置いた塩豚を使用
(煮豚を作ろうとしてチャンスを失い
塩をまぶして置いておく事に)

さらにゆで豚を作った当日は食べられず
翌日温めなおしてサーブいう状況。

あえて塩をしない事で柔らかく仕上がる
レシピかもしれない、塩豚のロースでは
台無しかと心配しましたが・・・

フルッフルの大成功でした~ (´▽`)

長男が興奮して「誕生日はこれでいい」と。

ゆで豚ってこんなに柔らかくなりましたっけ?
弱火で50分が効いたのかな~。

しかも作り置きして大丈夫なら
かなりの肉のボリュームおかずが
ストックできますわ。

これは重宝!!

まさみさん、今回もありがとうございます♪
子育て兼業ママの心をいつもわしづかみです☆









◇◇◇◇◇

[PR]

by muutaru | 2018-08-26 05:56 | メイン | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 24日

照り焼きのタレは別で

e0087277_05415745.jpg















あさイチ 本田さんのレシピは  こちら

鶏の照り焼きですが、タレは別に煮詰めて
バットなどに入れ、そこに焼きあがった
鶏を入れてタレを絡める作り方でした。

  • 砂糖大さじ1~2
  • みりん大さじ3
  • しょうゆ大さじ4

レシピのリンクが消えると悲しいので
タレの配合をメモ。

もうひとつのポイントは

鶏は焼く30分前には冷蔵庫
から出して常温に戻す
です。

これまた先生はかなり強調されていましたが
レシピには記載されていません。

あと肉の厚い所には切れ込みを1~2本
入れて火を通りやすくする。

本当に上手にソテーできました!

それと、焼き上がりまで一切調味料が
肉に触れないからでしょうか?
とっても柔らかく仕上がりました。

これまたレシピには記載されていませんが!
タレはフライパンに入れるのでなく、
バットなどに移してそこに焼きあがった
鶏を入れて味をからませます。

タレにフライパンの油が入らないので
スッキリ感も今までの作り方と違います。

この照り焼きの作り方、イイですね☆

肉を漬けたタレは少し余るのですが、
これは鶏の味の付いたおいしいタレなので
煮物に使えるとのこと♪
タレに適当な水を加えれば煮汁の完成です。

今までで一番の照り焼きの仕上がりでした
(´▽`)







◇◇◇◇◇


[PR]

by muutaru | 2018-08-24 05:59 | メイン | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 23日

切り干し大根は戻さず

e0087277_05312501.jpg
















またまた土井先生のきょうの料理での
定番おそうざいの目からウロコポイントでした。

レシピは  こちら

切り干し大根は水でサッと洗ったら
煮汁の水に入れて、レシピでは3分置いてと
ありますが、番組ではそのまま煮始めました。

あえて歯ごたえを残すのもいいんです、
という先生のお言葉。

これってすごく楽です!
サッと洗ったら水と鍋に入れて砂糖も入れて
火にかけて、最後薄口醤油を入れて終わりです。

しかも仕上がりは全く固くありませんでした☆

切り干しのお味が戻し汁に逃げていないから
でしょうか?とってもおいしい!

切り干し大根は洗ったら
そのまま煮る。

さらにもうワンポイントは、またまた

出汁は使わない

これで重くないスッキリした仕上がりに。

本当においしくできました!

オット「これウチで?買ったやつ?」と。
「うまい」・・・・と。
これ、どういう意味でしょうかと思いますが。

とにかくいつもと違ってウマいと感じたようです。
(;´д`)






◇◇◇◇◇

[PR]

by muutaru | 2018-08-23 05:48 | 一言メモ | Trackback | Comments(0)