忙しくてもおいしいごはんを作りたいのだ

muutaru.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2018年 01月 30日

小松菜案① 鶏団子スープ・少しエスニック

e0087277_05230480.jpg














小松菜をスルーし続けて冬が終わる事が何年か
続いていましたが、そろそろそれもどうかと思い。

旬の野菜だしちゃんと食べてシーズンを終えたい。

とにかく茹でて冷蔵庫に入れておけば
意識するだろうと思いまして。

とりあえず思い立った案その①

鶏団子を鶏がらスープで茹でて
塩とナンプラーで味付け。
茹でた小松菜と春雨を入れて
ごま油をたらして完成 (´▽`) )

何となく小松菜は少しエスニックに
仕上げたくなるわたくしです。

ウケがいいじゃないですか!
なぜか小松菜は「苦い」という我が家のメンバーが
文句を言わず完食しました。

スープにすると茎にも味が染みるので
よいのかもしれません。

よし!小松菜は塩味スープでこの冬から
仲良くしてもらおう。







◇◇◇◇◇

[PR]

by muutaru | 2018-01-30 05:33 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 28日

辻さんその②

e0087277_06253596.jpg













「ほりほり」にスモークサーモンとかぶのサラダ。

やっぱりガラスの器だと数倍おいしそうに見えます。
金沢まで買いに行ってほんとよかった♪

江戸切子なども良いかなと思いチラッと
ネットで見たのですが。
どうしてグラスか一輪挿しばかりなのだろう。
色も似たような色が多く選択枝が少ない。

日常の食卓使いのラインナップがほんと少ない。
もっと平皿や鉢があってもよいのではないかな。
そこには何か理由があるのかもしれませんが。

辻さんの作品に切子っぽい柄の透明のお鉢が
あったのですが、それも買っておけばよかったな~・・。
後悔を残すとは不覚でした。
どこかで運命の出会いを願うしかありません。
(むむむ、2018.7 call (東京)で個展あり?)







◇◇◇◇◇

[PR]

by muutaru | 2018-01-28 06:48 | Trackback | Comments(2)
2018年 01月 27日

ゆず大根を辻さんの器に

e0087277_08443614.jpg













辻さんのガラスの器にゆず大根を盛り付けました。

やっぱり冬の食卓にも辻さんのガラスの器は
いいんだな~ (´▽`)

そうそう、辻さんのガラスの器はお野菜を
おいしそうに見せてくれるんだな~。

ゆず大根は塩もみした大根の水気を絞り、
すし酢とゆずの絞り汁に漬け込みました。
ゆずの皮と唐辛子を少々。

はちみつ大根が喉にいいのであれば
ゆず大根も少し効果があるでしょうか。
漬け汁にはちみつを少し入れればいいのか。
今度試してみよう。

インフルエンザの猛威が大変なことになっていますが。
まだまだ冬は長い・・・・。

週末はお家でゆっくり、なんにもせず。
ごろごろのんびり、温かいものたっぷり食べて
過ごしましょう。

最近少し自宅で読書をする時間が
持てるようになってきました、
うううううれし~♪ (;´д`)








◇◇◇◇◇
[PR]

by muutaru | 2018-01-27 08:53 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 26日

鶏胸肉のからあげ

e0087277_05074872.jpg













たまに居酒屋などでからあげを頼むと、
もも肉でなく胸肉のからあげが出てくることが
ありますよね。

その瞬間はちょっとがっかりするのですが、
胸肉ラバーとしては、それはそれでおいしいし
ももよりだいぶヘルシーだし、
家ではぜひ作りたいと思っていました。

そうしてようやく登場しました♪
キューピー3分クッキングのまさみさんの
レシピは こちら

柔らかくするために  おろし玉ねぎと酢
を使うんですね~。

個人的には工程3のキッチンペーパーで
水気をよくふき取るもポイントだと思います。

先日たまたま別のレシピで同じような
作業をしたところ、汁気をザルに上げて
切るだけで片栗粉を付けたら大変な事に・・・
(;´д`)

片栗粉は玉々になるわ油が突然
パンとはぜるわで悲惨な目に合いました。

片栗粉は水に溶けないからですよね、
小麦粉を使う場合とは違う点でしょう。

ちょっとめんどくさくても片栗粉の衣の時は
ペーパーできちんと汁気を取る☆
もう2度と忘れません。

そぎ切りなので揚がりも短時間ですし、
胸肉2枚で個数もかせげます!
(´▽`)

これから食べ盛りと老年期が食卓を
共にする我が家の食卓にフィットする
からあげであります。

子供が将来「我が家のからげは胸肉で
特別な時だけもも肉が出たな~」なんて
言ってしまうかもしれませんね。

それは私が胸肉が好きなだけで、
もも肉が買えないわけではないことを
説明しておかないといけませんな。










◇◇◇◇◇



[PR]

by muutaru | 2018-01-26 05:28 | メイン | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 25日

さつまいもとしめじのクリームグラタン

e0087277_05020749.jpg













あさイチ解決ごはんでの市瀬さんのレシピは
こちら
おさらい様、失礼します。

我が家は世の統計学的結果の例外に
漏れず長女はさつま芋が大好き、
オット、長男は食卓に上げても自らは
手が伸びない事が多く。

しかし家庭菜園の大きな美味しいさつま芋を
頂くので、何とか家族のお腹を満たす
1品で活躍させたいと思っていました。

そこにこちらの市瀬さんのレシピ来ました!


さつま芋・ソーセージ・ホワイトソース
この組み合わせ、絶対おいしいでしょう♪

ホワイトソースは市販のもので代用。

さつまいもとしめじをチンして加熱もとっても楽。
5分チンしてもしめじからさほど水分は出ませんでした。

具をホワイトソースに混ぜている時点で
もうとってもおいしい香りです。

今までで一番我が家の小学生男子が
さつま芋を大量に食べました♪


オットも「さつまいのも甘さが気にならない」と。
ソーセージのスパイス感がさつま芋と
ホワイトソースを男子向けにキリッと
引き締めてくれている感じです。

長女はいつものきんぴら風大学芋と
ただふかしたのを出す様にブーブーと
文句を言っていましたが、この度は大成功。

さらに今年度知った知識なのですが、
さつま芋は採りたてよりも
しばらく置いた方がおいしくなる
という事なので。
慌てて使わなくてはと思わず、北側の寒い
小部屋に転がして置いて気が向いたら使っています。

芽が出てこないので、ほんといいこさんに
待っていてくれますよね♪ (´▽`)

ホワイトソースとソーセージは常備なので
北の小部屋にさつま芋さえ転がっていればの
お助けボリュームレシピ発見です☆









◇◇◇◇◇

[PR]

by muutaru | 2018-01-25 05:25 | メイン | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 24日

白みそマヨディップ

e0087277_05165844.jpg













昔の某コンビニの野菜スティックのディップは
確かにほんとにおいしかった。

で、それを再現して子供のお弁当に持たせている
お友達ママさんがいて、
お友達パパさんの間でまでも「〇君ちの野菜ディップ
うまいんだよな~」と超話題になになっていました。

お正月休みに出先のコンビニ飯で野菜が
足りないと思い立ち、ほんとうに久しぶりに
某コンビニで野菜スティックを買ってみましたが、
うむ・・・・( ゚д゚) 味が違う。

これはもう例のママさんに聞くしかない!
例のママさんも某コンビニの昔のディップを
再現したくてググッたそうです。

正解は・・・白味噌・マヨ・煮切り味醂
割合までは聞きませんでしたが、
適当に合わせてみました、確かに!あの味です。

そこにおそらくわずかに
すりおろしにんにく・豆板醤
を隠し味程度な気がします。

某コンビニの今のは勝手な個人的な感想ですが、
白味噌を普通の味噌に変えかな?
という気がするような感じ。

ネットで調べると、マヨと白味噌を合わせた
ディップはかなりレシピが多くあるのですね。

普段白味噌は使いませんが、
忘年会でこのディップの話題が持ち上がり、
たまたまお正月に義弟から白味噌をお年始にもらい、
まるでこのレシピのに呼び寄せられた様な
出会いでした。

白味噌・・・意外にもたないんですよね。
常備・・・したいけど使い切れるかな。

ま、とりあえず今は有るんだし存分に
白味噌を楽しもうと思います (´▽`) )






◇◇◇◇◇

[PR]

by muutaru | 2018-01-24 05:37 | サラダ | Trackback | Comments(2)
2018年 01月 22日

バターライス

e0087277_05242393.jpg














あさイチ解決ごはん 真崎さんのレシピは
こちら
ページの下の方に出ています。
おさらい様、お世話になります。

ご近所のお友達ママさんと
「今度カレーパーティーをしよう」という話になり、
「ならば我が家はいつものバターチキン
カレーを持っていく!」とテンション上がって
いたところに舞い込んだこちらのレシピ。

市販のナンを人数分買っていくのはコストが
かさむのでちょうど良かったです (´▽`)

カレーにぴったり!

初めにご飯を炒めて加熱された米を炊く事で
おねばが出ずパラリと仕上がるとのこと。

お米2カップに水360mlってけっこう
軽量誤差が出やすいし覚えにくい気もします。

少し柔らかめでも許せるのであれば米2合と
水少し目盛りより少な目でいけるかな?
それであれば覚えやすいかも。
次はその塩梅でいってみて成功すれば、
思い立ったらバターライス、
このレシピは完全に私に定着だわ♪







◇◇◇◇◇

[PR]

by muutaru | 2018-01-22 05:37 | 主食 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 18日

塩こうじ唐揚げ

e0087277_05123094.jpg














塩こうじを鶏もも肉に揉み込んで衣を付けて
揚げただけです。

こちら
液体しおこうじの容器に書いてあったレシピ。
藤井先生も作っていらっしゃって「そうだ!」と
思い出し初挑戦。

レシピには1時間漬け込むと書いてありますが
そんな時間はなく、まずお肉を漬け込んで
他の事をやり始めて最後唐揚げという手順で、
おおよそ30分くらいの漬け込み時間だったと思います。

おいしい~!(´▽`)

いつもの唐揚げとはまたわずかに趣きが違い、
何というか上品な和食の1品という感じ。
こうじの味はしないのですが、ほんのり旨味に
変わっている甘味が加わっている感じでしょうか。

胸肉でも漬け込み時間長めでおいしく
できるのではないでしょうか。
次は胸に挑戦してみます☆

塩こうじは焦げやすい ので
何をするにも火加減には要注意ですね。
でもその焦げ目さえ味方に付けることで
さらにおいしさアップになると思います♪








◇◇◇◇◇


[PR]

by muutaru | 2018-01-18 05:27 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 17日

土井先生の一汁一菜

e0087277_05280131.jpg



















最近土井先生がよく唱えていらっしゃる
一汁一菜、一菜というよりもはや
具だくさんの汁があればあとはご飯が
あれば良くて、余力があれば一菜を追加
すれば良し、という考え方。

「おかずから考えるから献立や食事の
支度が大変になるんです、まずは汁
それでいいんです」とおっしゃっています。

確かに確かに、働きながら毎日の
献立を考えたり準備やらって不可能な
レベルの労力です。

とにかく具沢山のお汁さえ食べていれば、
自ずとバランスは整っているって
とても心強い考え方です。
考えてみればほんとそうですよね。

そんな食生活をしていた自分の
祖母世代はとても長生きですし。

一菜はお楽しみの部分として買っちゃえば
いいんだし。

土井先生からのこの提案は私の中で何か
大きな価値観の変革をもたらしつつあります。






◇◇◇◇◇

[PR]

by muutaru | 2018-01-17 05:39 | Trackback | Comments(2)
2018年 01月 17日

えのきの酒蒸しを

e0087277_05153690.jpg














えのきのホイル包み焼きのレシピを観て、
さらにかんたんにレンジでチンだけで
いけてしまうのではないかと思ったら・・・

思いっきりお酒の香りがえのきに残って
しまいました~ (;´д`)

アルコールを飛ばす とか
アルコール臭さを飛ばす
などよく言いますがこういう事なのですね。

アルコールが飛ぶまでは蒸気を空中に逃がす事で
お酒の匂いが食材に残らない、勉強になりました。
(´▽`)





◇◇◇◇◇

[PR]

by muutaru | 2018-01-17 05:22 | その他 | Trackback | Comments(0)