忙しくてもおいしいごはんを作りたいのだ

muutaru.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:一言メモ( 88 )


2018年 09月 28日

マーボー茄子の3つのコツ

e0087277_05155148.jpg

















おかずのクッキング、土井先生のレシピは
こちら
おさらい様、お世話になります。

家庭用にナスを揚げない作り方です。
3つのポイントが紹介されました。

〇ナスは両面に焼き色を付ける。
〇味噌と豆板醤は油で炒めて香りを立たせる。
〇最後は弱火で煮てナスにスープを煮含める。

ナスの皮目に格子目に切れ目を入れることで、
火が通りやすく味もしみこみやすくするのも
ポイントかもしれません。

レシピでは両面に焼き色とは記載されていませんが、
番組ではポイントとしてそうおっしゃっていたと思います。

最後にしばらく煮て味を煮含めるのは
マーボー豆腐のポイントでもありました。

ボッテリ肉厚な秋ナスのおいしさ
満喫です (´▽`) ☆








◇◇◇◇◇

[PR]

by muutaru | 2018-09-28 05:29 | 一言メモ | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 25日

基準をもつこと

一回の食事には、普段意識しているいないに関わらず、
現実と情緒という大量の情報がやりとりされています。
これが毎日、複数回繰り返されて、食べる人に
経験として蓄積されていきます。
この情報のやり取りが、子供の情操を育てます。

そして情操のやり取りからデーターとして
身体に蓄積したものによって、
物事を判断する基準を持つことになります。
自分の中で揺らぐ事のない、変化しない、
「定数」が生まれるのです。

経験が無ければこの定数は持つことができません。
定数がなければ比較できませんから、
判断ができない事になります。

・・・・・・・・・・・・・・

じっくり考えるのではありません、
その判断を無意識のうちに一瞬にしてやるのです。
それは直観です。

・・・・・・・・・・・・・・・

「定数」は食べ物に対する判断力だけでなく、
人間を見る目、ものの良し悪しの区別、
本物と偽物を見分ける力、想像力を養う根幹
にもなってくると思います。

それは子供が大人になった時、生きる力として
現れ、良き思い出とともに、将来繰り返し
要求される判断を間違いないものと
するのではないでしょうか。



土井先生の
「一汁一菜でよいという提案」から一部抜粋。
決して毎食きちんと作りましょうという
お話ではありませんでした。

毎日のご飯作りは大変だけど、そのやっている
事の意味にこんな事があったんだと、
忘れない方がよいと思って自分用にメモしました。

[PR]

by muutaru | 2018-09-25 05:36 | 一言メモ | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 06日

ぬか床に乾燥大豆

e0087277_05401386.jpg
















ぬか床に乾燥大豆を入れるとぬか漬けが
美味しくなるとのことで、
職場のおやつボックスにずっと残っていた
節分の豆をもらって入れてみました。

大豆は柔らかくなったら食べられる
のだそうです。

にんにくも入れてみました。

おもしろいな~、ぬか床って。








◇◇◇◇◇


[PR]

by muutaru | 2018-09-06 05:43 | 一言メモ | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 26日

正体は蒸発率

分量をレシピの倍作りたい時単純に材料を
2倍するとうまくいかない時が多々あります。

素材からの水分?蒸発の量?具材と調味料の
バランス?漠然としたままでしたが。

土井先生の本に回答がありました。

その正体は  蒸発率

なるほど、それがはっきり分かれば
加熱する、しない、加熱の仕方、
水の分量、調味料の分量、
その状況によって調整のだいたいの
塩梅が全く知らないよりは見当が
付く気がします。

意外にレシピと分量を変えるとうまく
いかない理由も分かった気がします。

変えた分量では蒸発率など検証は
されていませんもんね。

結局レシピはやはり目安、
という事になるでしょう。

ふ~、ひとつスッキリしたわ (´▽`)






◇◇◇◇◇

[PR]

by muutaru | 2018-08-26 17:27 | 一言メモ | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 23日

切り干し大根は戻さず

e0087277_05312501.jpg
















またまた土井先生のきょうの料理での
定番おそうざいの目からウロコポイントでした。

レシピは  こちら

切り干し大根は水でサッと洗ったら
煮汁の水に入れて、レシピでは3分置いてと
ありますが、番組ではそのまま煮始めました。

あえて歯ごたえを残すのもいいんです、
という先生のお言葉。

これってすごく楽です!
サッと洗ったら水と鍋に入れて砂糖も入れて
火にかけて、最後薄口醤油を入れて終わりです。

しかも仕上がりは全く固くありませんでした☆

切り干しのお味が戻し汁に逃げていないから
でしょうか?とってもおいしい!

切り干し大根は洗ったら
そのまま煮る。

さらにもうワンポイントは、またまた

出汁は使わない

これで重くないスッキリした仕上がりに。

本当においしくできました!

オット「これウチで?買ったやつ?」と。
「うまい」・・・・と。
これ、どういう意味でしょうかと思いますが。

とにかくいつもと違ってウマいと感じたようです。
(;´д`)






◇◇◇◇◇

[PR]

by muutaru | 2018-08-23 05:48 | 一言メモ | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 22日

ひじき煮はかきまぜない

e0087277_05135960.jpg
















きょうの料理 土井先生のレシピは

番組では目からウロコのポイントを
先生おっしゃっていたのですが、
レシピにはそれが記載されていません。
(;´д`)

おどろきのポイントは、ひじきを煮る時
かき混ぜない
です!

具にサッと油をなじませたらひじきを
入れて、そこから先、最後盛り付けまで
一切かき混ぜません。

ひじきは柔らかいので、混ぜるとどんどん
崩れてしまうとのこと。

そうして最後まで混ぜずに煮たひじきは
煮汁も透き通ってひじきもツヤツアして
すっきり美しい仕上がりです (´▽`)

出汁を使わない のもポイント。
ひじきに旨味たっぷりなので水で十分。

土井先生のお父様のレシピにも出汁を
使うとあったそうですが、
土井先生の検証の結果、
出汁を使うと旨味が重なって重くなるので、
水の方が断然スッキリおいしのだそうです。

今回スーパーにまだ新生姜があったので
皮ごとたっぷり使いました。

おいしいっ!!!!

出汁を使わない、かき混ぜない、
楽になるポイントでさらにおいしくなるなんて
すばらしすぎます♪♪

のにレシピに記載されていないなんて
ありえませんわ (( ;゚Д゚))ブルブル







◇◇◇◇◇

[PR]

by muutaru | 2018-08-22 05:25 | 一言メモ | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 21日

マカロニサラダのポイント

e0087277_05305411.jpg


















上沼さんのおしゃべりクッキングでマカロニサラダの
基本のポイントが紹介されました。

知らなかったことばかり (;´д`)

レシピは  こちら

基本のポイントは

マカロニは歯ごたえがなくなるまで茹でる。
茹でたマカロニは水で洗う。
洗ったマカロニは水気をしっかり拭く。
マカロニにオリーブオイルをまぶす。

柔らかめに茹でる事は知っていましたが、
茹でたマカロニを洗ったことはありませんでした!

穴の中まで入ったゆで汁をきれいに流すのが
ポントだそうです。

さらにオリーブオイルをまぶすことで
他の食材から出た水分を吸わなくなるとのこと。

はぁ~、なんとスッキリした仕上がりでしょう!
なんでこんな事今まで知らないまま
来たのでしょうか・・・(( ;゚Д゚))ブルブル

きゅうりも塩もみはマストかと思っていました。
ただでさえマカロニや卵を茹でるなど
意外に手間が多いので、キュウリを
ダイレクトにインしてよいのはありがたい♪

おいしいわ~、こうしてしっかり下ごしらえ
をしたマカロニサラダは保存性が良く、
翌日も良い状態がキープされるとの事。

いつも2日目以降不人気なマカロニサラダでしたが、
今日の子どもたちの食べっぷりに注目します。

〇後日談〇
2日目も3日目も今までと違うスッキリ
感がキープされてとてもおいしく頂けました!







◇◇◇◇◇

[PR]

by muutaru | 2018-08-21 05:43 | 一言メモ | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 20日

素揚げする野菜は洗わない

e0087277_05291113.jpg
















有本さんの本「レシピを見ないで作れる
ようになりましょう」のなすの素揚げの
章に

なすは洗わない
「なすは洗いません。高温で揚げるので
あらわなくても大丈夫です。」
とあります。

そうですよね!これは常々私も
思っていました。

洗うと水滴が危ないので、丁寧に
拭くか、自然乾燥をしっかりして
水気を完全に除去してからの手間が
かなり面倒なことになります。

高温で揚げれば雑菌も塵も一網打尽
なので洗う必要がないのではないか?と。

しかしそんな横着、ゆるされるハズは
ないと思い込んで悶々としたままでした。

がしかし、有本さんの本でそんな事が
しっかりと明記されていたのです!

やっぱりそうですよね~ (´▽`)
こう言って頂けると野菜の素揚げの
ハードルがかなりのレベルで下がります!
ありがたい☆

とりあえず産直などで見かけた
揚げたらおいしそうな野菜を
ポンポン買い物かごに気軽に入れ
られる楽しさを手に入れました。

今回は万願寺とうがらしの素揚げ。
おかか醤油でお弁当にもいける1品が
難しい事なしで完成なので揚げ物は
やはり我が家はマストです。

ナスの素揚げに感しては切った先から
どんどん揚げていく分には
「アク抜き」も必要ないとの事です。









◇◇◇◇◇

[PR]

by muutaru | 2018-08-20 05:45 | 一言メモ | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 03日

おにぎりはアルミホイルが最適

e0087277_05362772.jpg



















以前にもアップした気もするのですが、
おにぎりを包むのはアルミホイルが最適、
とのことです。

ゴワゴワとした表面がご飯に密着しないので
ベチャッとご飯粒がふやけるのを防ぐ事が
できるからだそうです。

(´▽`) )





◇◇◇◇◇

[PR]

by muutaru | 2018-08-03 05:40 | 一言メモ | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 06日

大葉の香りを楽しむ秘訣は

葉裏を触らないこと とのことです。

葉裏には腺鱗という風船の様に膨らんだ組織があり、
大葉の香りがたっぷり詰まっているのだそうです。

切る時も茎を持ってハサミでカットしていくのが
良いそうです。

大葉の袋の裏に書いてありました。

・・・葉を洗ったらどうなるのだ (;゚Д゚)



(追伸)
ハーブを摘むのは満月の夜が一番良いのは、
この香りのカプセルがいちばん大きく
膨らんでいるから、とも聞きました。







◇◇◇◇◇

[PR]

by muutaru | 2018-07-06 05:37 | 一言メモ | Trackback | Comments(0)