忙しくてもおいしいごはんを作りたいのだ

muutaru.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 25日

行って参りました!金沢へ。

昨日、行って参りりました、金沢へ。
もうほんとすてき・すてき・すてき~
すてき!過ぎてごくす興奮していて
上手くお店の方とお話しできない自分に
気が付いていましたがどうにもならない。
(;´д`)

お腹も空かずに猛烈な勢いで
金沢県庁前の道を疾走している
わたくしでした。

兼六園も金沢城も目の前にしながら
全く観る余裕がありませんでしたが、
さすが、加賀百万石のお殿様の
城下町、その雰囲気にウットリです。


まず、factory-zoomerさんで
めくるめく辻さんの器に埋もれて
あれもステキ・これもステキ
もう気がどうかなりそうでしたが
なんとかお気に入りを選ぶことが
できました。届くのは半年後です。

e0087277_5211866.jpg













そして三谷龍二さんの個展中でしたので
小さな木の匙をひとつ。



e0087277_5231071.jpg













そしてすぐ並びの金沢クラフトさんで
西山 芳浩 さんという方の小豆色の
ガラスの小鉢を。


e0087277_5345320.jpg













そして諸江屋さんでいかにも九谷焼きという
一品がほしくて、制作者の方のお名前を
忘れてしまいましたが、風船葛の絵の
平皿を1枚いただきました。

そして「つぼみ」さんでお土産に生チョコを
買いたかったのですが、何と在庫切れ。
残念でしたがとてもステキなお店で
若い女の子達で賑わっていました。

e0087277_5313787.jpg













仕方なくお土産はタモリ倶楽部で紹介
していた北陸新幹線名物「ほたるいか」
これまた非常においしいです!
中から出てくる半生のイカワタが
たまりません (´▽`) )

北陸新幹線の車窓から見た立山連邦を
背にした富山の田園風景も美しく。

そしてこれぞ北陸という深く垂れこめた
この時期の曇天も雰囲気があり。

長野だけは行も帰りも雪が舞い散って
いました。

そんな車窓の景色を眺めながら
まだ新しくキレイな新幹線の席で
ツラツラとうたたねしたり村上春樹の
騎士団長に目を落としたり・・・。

至福の時間をすごすしました。
食事は時間が足りず帰りの車内で
駅弁のみになってしまいましが。

金沢市内はバスがひっきりなしに
往来しているので、移動もバスで
スムーズでした。

思いがけずきっかけが舞い降り、
今回の旅の背中を押して下さった
皆様、ありがとうございました。

期待以上の宝物を手に入れる事が
できてしまいました。
ふぅ~、すばらしかった。
また行きたいな~。
一人でこその旅だった様な気がします。
(´▽`)
[PR]

# by muutaru | 2017-03-25 05:54 | その他 | Trackback | Comments(4)
2017年 03月 23日

今年の紅白まんじゅうは

e0087277_5174177.jpg













今年の6年生卒業祝いの紅白
まんじゅうは「東京名物・ひよこ」でした。

紅白の和紙に包まれて2ピョコ
やってきました。
[PR]

# by muutaru | 2017-03-23 05:21 | その他 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 21日

ほうれんそうと海草、にんじんのナムル

e0087277_582886.jpg














レシピは  こちら
おさらい様、お世話になります。

「今日の料理」管理栄養士10人のメユー
にて藤井先生がナムルのコツを伝授して
下さいました。

ごま油→塩→塩
→にんにく→すりごま

の順番で味付けしていき、

その都度そして
手で さらに よく! 混ぜる、です。

私は常備菜として日持ちさせたいので
絞った後ほぐす時以外は極力
触れない様に菜箸で混ぜていました。

確かにいつも微妙に納得いかない
仕上がりだと思っていました~ (;´д`)

よく手で混ぜる事で味わいがまろやかに
丸くなる事。
ごま油の段階で油が少し乳化して白っぽく
なる程まで混ぜていらしたと思います。

これほど手で混ぜてもこちらのレシピの
日もちは冷蔵庫で4~5日♪
5日はうれしい!  ε- (´ー`*)

しかも  わかめ、人参、ほうれん草
オールスター揃いの様な
組み合わせ、これまたウレシイ。

風味と歯ごたえが複雑で飽きません。

管理栄養士さんらしく少し薄味の
優しい仕上がりなので、我が家的には
もう少しだけ、しょっぱめに仕上げました。

手で混ぜないと、どうしてもほうれん草が
重なってほぐれない所に味が入らずに
水っぽい仕上がりに感じるんですよね。

今回の管理栄養士さんの野菜たっぷり
レシピシリーズ、すごく勉強になっています。
[PR]

# by muutaru | 2017-03-21 05:24 | サブおかず | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 17日

ジョン・キョンファさんのチャプチェ

e0087277_5334393.jpg













あ、大変!ジョンさんのチャプチェを
うっかりNHKのサイトにリンクしたので
レシピが見られなくなっていました。

おさらい様の サイト
リンクさせて頂きます。

自分がまた作りたい時用に再アップで
失礼致しました (;´д`)
[PR]

# by muutaru | 2017-03-17 05:36 | サブおかず | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 15日

薬膳的に言う気とは

栄養学的には免疫力のこと。
気が充満していると
風邪をひきにくい。

旬の野菜はその時期に
必要な免疫力を備えている。
イコール、薬膳的には
気を補ってくれるという事。
今の時期気を補ってくれる
野菜の代表選手はアブラナ科の
ブロッコリーやカリフラワー。

とのこと (´ω`)
[PR]

# by muutaru | 2017-03-15 17:49 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 15日

ミックス野菜のミルフィーユ

e0087277_5142668.jpg













今日の料理の管理栄養士10人のメニュー
というテーマで本田先生が紹介されていた
レシピです。

レシピは こちら
おさらい様、お世話になります。

今はすっかり孫の食生活中心の
食卓という本田先生。

小さいお子さんがいないご家庭では
こういう系はあまり作らないかとも
思いますが、チビに野菜を食べさせたく
日頃頭を悩ませているママさん方には
必見のレシピだと思いました!

最近ちょうど「子供に野菜を食べさせる
ためには、バター・ベーコン・コンソメ」
辺りはマストだと感じていたのですが。

別にいけない事ではないのですが、
本田先生がそれらを全部使って来た!
という所で何だか安心して嬉しくなって
しまいました (´▽`) )

耐熱容器に野菜を
どんどん積み重ねて
バター・コンソメ・ベーコンの
旨味を追加してチンするだけ
です。

ポイントは チンが終わったら
ラップを外さずそのまま庫内で
5~6分蒸らす
ところでしょう。

マッシュに近いシットリ感に仕上がります。

今回キャベツとローリエは省略して
ベーコンの代わりにソーセージを使いました。
最後に少し塩で味を調整しました。

ソーセージがゴロゴロしているので
子供達もつい手が伸びた感じです。
全くブーイング無しでした!!!
これは滅多にない!

オムレツやポタージュの具として
アレンジ可とのこと。

レンジで子供の野菜対応の1品が
勝手にできているのは本当に
ウレシイ~ (´▽`)!

カップに入れればお弁当にも
使えちゃいますネ☆

これはもう本当に心強い味方が
一品増えました。 ( ・ω・) ㌧
[PR]

# by muutaru | 2017-03-15 05:31 | サブおかず | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 14日

数百円の十年選手

e0087277_5174853.jpg













料理し始めに無意識に使っていた
ピーラーが寿命を迎えてから
近所のスーパーで買い変えた
ピーラーがどうしてもしっくり来ず。

しっくり来な過ぎてシャガイモを
使うのがキライになりそうに
なっていたのですが・・・・

行正さんの本の中で見つけたー!

リッターのピーラー
さっそくネットでお取り寄せしました。

ジャガイモの芽を取る所の耳が
リング状になっているこれ!
私はこれでないとダメなのです~。

スーパーのはスコップ状になって
いるものばかりで全く使い物に
なりません。

少し考えれば、アンケートでも取れば、
絶対スコップ状になんてしないだろうに
と思わずにいられないのですが・・・

この数百円の小物は私のQOLを
かなりアップしてくれます。

e0087277_5261084.jpg













さらに手放せない数百円の
小物をついでにもう一つ。

こちら
日本橋木屋のポケット爪切り

ほんとミニミニサイズなのですが、
この切れ味を一度使ってしまうと
他の爪切りはしっくり来なくて
絶えられません →ܫ←

小さいのでしょっちゅう行方不明に
なるのですが、その時の私の
狼狽ぶりは尋常ではありません。
(;´д`)

もう15年は使い続けていると
思いますが絶対手放せません。

たった数百円ですが、
作り手の想いがこもった商品は
気が付けば生活に欠かせない
存在になっています。
(´▽`)
[PR]

# by muutaru | 2017-03-14 05:38 | その他 | Trackback | Comments(0)