忙しくてもおいしいごはんを作りたいのだ

muutaru.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 23日

スペアリブの梅肉焼き

e0087277_18295447.jpg(材料 2~3人分) 30分

豚スペアリブ 400g

みりん     適宜
しょうゆ     適宜
梅肉      2~3個分





1 みりんとしょうゆをそれぞれ大さじ1強ほど合わせ、そこに梅肉を加え、味見をして
  梅の塩梅でしょうゆ、みりんで甘さ、しょっぱさを好みに調節する 

2 ポリ袋などを使って、リブを1に漬け20分(~丸1日漬け込み可)ほど置く

3 よく熱したグリルで2を時々余ったタレを塗りながらじっくり焼く

和のスッキリ、ごはんに合うスペアリブの出来上がり。
タレの材料もいつもあるものばかりなので思い出したら気軽に系。
グリルでの火の調節にちょっと気を使います。
強からず、弱からず、時に強く・・カリッと焦げ目が付く仕上がりでどうぞ


e0087277_1840223.jpg
おいしいポン酢があれば、
白菜ゆでたのにかけるだけで
箸休めの1品にしちゃいます。

キャベツをゆでてじゃこをトッピングで
ぽん酢もいいねー。

ではみなさま、それぞれのステキなイブをね~♪
[PR]

# by muutaru | 2005-12-23 18:44 | メイン | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 22日

牛すじ肉の和風煮

e0087277_20415918.jpg(材料 4人分) 120分
牛すじ  400g
大根   300g
かぶ   4個
しょうがの薄切り 2枚

だし   2c半
酒    半 c
(A)
薄口しょうゆ  大さじ1~2
みりん     大さじ1半
塩        少々


1 鍋に3cほどの湯をわかし、しょうが、1口大に切った牛すじを入れる
2 アクを取りつつ湯が足りなくなったら随時足しながら蓋を少しずらして
  1時間半ほど煮込む、取り出す
  (水を足すと、温度が下がり煮直しを繰り返す事になるので湯を足す)
3 大根は皮をむき食べやすく切り、かぶも茎を少し残して皮をむき半分に切る
4 別鍋で大根を米のとぎ汁(又は少し米を加えて)で水から10分ほど下ゆで、洗う
5 だしと酒をわかして1と4を入れ(A)で調味し15分ほど煮て、かぶを入れて約5分

コラーゲンたっぷりで使ってみたかった牛スジは今回初挑戦☆
さっぱり、和風の優等生タイプの仕上がりでデビューです。
プルプルとろけてますよーん
muutaruはこんな「ホルモン系」が大好き。
大根、かぶも脂をまとっていいコク
かぶはちょっと柔らかすぎたかな、余熱があるし5分でやめとけばよかった・・

だいたい雰囲気はわかったぞ、次回はカレーやコチュジャン系で
濃い味に挑戦してみたい!

e0087277_215345.jpg

余ったかぶは塩もみ(昆布入り)に
[PR]

# by muutaru | 2005-12-22 21:08 | メイン | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 20日

カラメル風味のりんご

e0087277_208464.jpg

りんご  1個
砂糖   大さじ2
水     大さじ4
バター  適宜






1 砂糖大さじ2に水大さじ2を入れてカラメル色になるまで火にかける
2 ちょうどいい色になったら水大さじ2を入れる(はねるので注意)
3 切ったりんごを入れ、好みの固さまで煮て少量のバターをからめて完成
  (ちょっと固めがおすすめ)
  *時間を置くと変色するので、その場合は始めにレモン汁をまぶせばいいかな?

雑誌「うたかま」レシピ引用 (すみませーん、零細なのでゆるちて)
カトさん、読んじゃいました ァ '`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、
だめだこりゃ

お肉のつけ合わせに載っていたのがたまらなく美味しそうで
単品でデーザトに。

アップルパイよりやさしーい味で、こんなに寒いと
身体を冷やさないあったかフルーツは嬉しい。
有塩バターを使ったので、少ししょっぱ味も加わり、
なるほどーお肉のつけ合わせにも使える!

これはレシピに何分など一切なく
「カラメル色に」とか「好みの固さに」とか、感覚が頼り。
こんな水分少なくて煮れるの?って思うけど大丈夫

*今日のとほほ*
カラメルをフッ素加工のフライパンでしたので
カラメル色が確認できなーい、ぶぶ、おばかさんっ
何とかトロ味の確認で切り抜けたけど・・
デザートはめったにやらないからなのだ、言い訳


e0087277_20224510.jpgこれは普通の煮物
しょうゆの半量を薄口でして
京人参と大根と鶏肉だけで作ったら
ちょっと垢抜けて、紅白でめでたい仕上がりに。
和食好きの彼とお家ごはんで
煮物は地味かな~と思ったらどう?
って、よけいなお世話じゃ
(実物は大根がもっと白めに仕上がってまーす)

*今日はほぼ最後まで書いたところで、他のページを閉じた勢いで全て
 消去してしまった、涙。
 そそっかしいmuutaruもいけないが、「消去しますか?」みたいな一言
 確認があったら安心なのにな~
[PR]

# by muutaru | 2005-12-20 20:30 | デザート | Trackback(1) | Comments(6)
2005年 12月 16日

沢煮椀

e0087277_208384.jpg(材料 2~3分)20分

豚ばら  100g弱
にんじん 1/3本
ごぼう   1/2本
大根    4cm分
長ねぎ   4cm分

だし     4c
塩      小さじ1ちょい
しょうゆ   小さじ1
あらびき黒こしょう 

1 全ての材料を4~5cmのごく細切りにし、ごぼうだけは酢水にさらしさっと茹でる
2 ねぎはしらがねぎにする
3 だしに塩としょうゆを入れてわかし、豚肉を入れる
4 肉に火が通ったら、残りの具を入れサッと煮て取り出しお椀にもる
5 煮汁をさらに温めてあつあつにして4の上から注ぎ、白髪ねぎをのせこしょうをふる

muutaruはこしょうを忘れちまった・・・
貝や肉を使った汁にはこしょうをピリっと効かすといいですよねー
これはシンプルだけど千切りがやや手間で意外に時間がかかる。
でも豚汁、けんちんに並んで定番にしたい大好き汁物。
野菜はさっと火を通しただけのはりはり状態、そこに豚ばらの脂の甘みと
だしの旨味で意外な満足感!
見えやすい様に平鉢に盛っているけど汁物です、お椀でそうぞ♪

今回だしの昆布ははさみで千切りにしてずっと入れっぱなし、
具として最後までお付き合い頂きました。
だって「昆布はお吸い物以外はすぐには取り出さないキャンペン中」ですものっ
その効果か元々かお汁おいしいよー関取のように両手でぐびぐびーっと
飲み干しましたとさ。

e0087277_20513943.jpg
京人参(金時人参)を見かけると
必ずそちらを使ってしまう。
見た目が急に大人っぽく雅になるから。
この色ってば、完熟の柿にようで、
どんな色を合わせても
ハッとするほどキレイに見せてくれるのだ

先っぽがイタリアになってる・・



e0087277_20503458.jpg
そして泥付きごぼうがこの量で
1本のより安かったので
(意味わからないけど)
すっごく迷ったけど、
こちらをを買ってしまった。
どうする~、しばらくごぼうまみれだな、こりゃ
[PR]

# by muutaru | 2005-12-16 21:04 | スープ | Trackback(1) | Comments(4)
2005年 12月 15日

ツナとゆずこしょうのペンネ

e0087277_19102439.jpg(材料 全て適宜) 15分


ペンネ
ツナ缶 ソリッドタイプ
ゆずこしょう
しょうゆ

こしょう





1 ペンネをアルデンテにゆでる
2 ツナ缶の油が多ければ少し捨て、残りの油ごとボールにあける
3 2にゆずこしょう、しょうゆを加え混ぜる
4 そこにペンネのゆで汁を小さじ2ほど入れ、2のオイルと勢いよく混ぜて乳化させる
5 ゆで上がったペンネを加えて、塩、こしょうで味を整える

薄口しょうゆの方が仕上がりがきれいかな?muutaruは昆布酒醤油使用。
ゆずこしょうを効かせたので最後の塩はなしでOK。
パスタをすると仏「ゲランドの塩」のおいしさがガッツリ感じられるなー
特に茹で上がりチェックの味見の時。

ゲランドの塩はシットリしめっているので、
買ってきたら始めに一度フライパンで乾煎りするとパラッとしてくれます。
ミルに入れる時などは特にしめっていると出口に付いて
なかなか落ちてこないのでオススメ

ツナ缶のソリッドタイプというのは、ミンチ状になっていない
塊のままのもの。ミンチ状より上質の素材のものが多いらしく
オイルを含む量も抑えられるのであっさり上品♪
きょうは具がシンプルなのでツナ缶にこだわりました。
「びんながマグロ」使用らしい、ビンのように長細いのだろか?
[PR]

# by muutaru | 2005-12-15 19:35 | 主食 | Trackback | Comments(2)
2005年 12月 12日

しばしお休み

師走のバタバタが重なるため、木曜日までお休みしまーす
e0087277_2354197.jpg

まった見てねーん
[PR]

# by muutaru | 2005-12-12 23:56 | その他 | Trackback | Comments(4)
2005年 12月 11日

白菜と豚肉の重ね蒸し 定番

e0087277_16192425.jpg(材料 2人分) 20分
白菜        1/6個
豚ロース薄切り  160g
長ネギ薄ぎり   1/2本分
しょうがの千切り 薄切り2枚分

酒          大さじ3
塩           適宜
こしょう        適宜
鶏がらスープの素 適宜
ごま油        適宜          

1 豚肉は食べやすくい1口大に切り、塩こしょうをする
2 白菜の芯がついたまま葉の間に肉、しょうが、ねぎを挟み込んでゆく
3 入らなければ半分に切り鍋に入れ、酒、湯にスープの素を溶かしたもの
  1cを入れ火にかける
4 柔らかく煮えたら、塩こしょうで味をととのえ、ごま油を少々たらす

これはベーコンとコンソメでしたり
スープの素は使わず、土鍋でしてポン酢とかパターンはいろいろですよね。
からし醤油もいけるらしい*
左側にちょっと黄色が見えているけど、これはオレンジ(色の)白菜。
外側の葉だけ緑で内側は黄色でーす。
上に粒のまま黒こしょうが散っていろのは、ミルが使用中空中分解したため
ひくっひくっ、涙、でももうチョイ捨てずに使えそう(どんな粘り強さなのだ・・)

e0087277_16421929.jpg
あとこれも作った。里芋を茹でてマッシュして、マヨ、ゆずこしょう、薄口しょうゆで和え万ネギをちらしたもの。もちろん薄口しょうゆの代わりに「昆布酒しょうゆ」使用。こんな野菜だけのレシピに旨味をのせる事ができるから、やっぱり便利かな。
[PR]

# by muutaru | 2005-12-11 16:45 | メイン | Trackback | Comments(6)