忙しくてもおいしいごはんを作りたいのだ

muutaru.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 08日

アジアンおかずサラダ

e0087277_20223836.jpg(材料 4人分) 20分

合びき   150グラム
にんにく  1かけ
しょうが   1かけ 
ごま油   大匙1
(A)
しょうゆ   大さじ1
酒       大さじ1
豆板醤    小さじ1
オイスターソース 小さじ半

塩・こしょう   適量
レモン汁    大さじ1
春雨      30グラム
キャベツ    1/4個
トマト      1個
たまねぎ    半個
パクチ      適量
ピーナッツ   大さじ2~3
(酢 適宜)

*ケンタロウさんのレシピ参考、ほぼそのままです スミマセーン
 muutaruはパクチー・ピーナッツ省略、赤キャベツスプラウト使用

1 春雨は表示どおりに戻し水気を切り、はさみで食べやすく切る
2 キャベツは太めの千切り、トマトは半分に切って薄切り、玉ねぎは縦スライス
3 パクチ・にんにく・しょうがはみじん切り
4 (A)を合わせておく
5 ごま油を熱しにんにく・しょうがを炒め、ひき肉を入れ塩・こしょうしていためる
6 ひき肉の色がかわったら(A)を炒め合わせ、火を止めてレモン汁を加えサッと混ぜる
7 ボウルに他の全ての材料を入れ、アツアツの6を加えてざっと混ぜる

あれ~、買い置きしてあると思った玉ねぎがおらぬ~!!
かなり必要不可欠と思われるVIPだか計画続行!
うまー お友達呼んでお家バーする時にもいいね
でも今回パクチー・玉ねぎ・ピーナッツとアクセントになってるものばかり
抜けてしまったのでお酢を効かせてパンチをプラス。

ケンタロウちゃん(いとこかよ!)のレシピではお酢が入ってないのだけど
そこにカツ代さんが「私はもっとすっぱくして食べたい」とコメントが入っていて、
ケンタロウちゃんの「どうぞどうぞ」というテロップ入りで面白い!

そのへんは好みで調節、酸味はあとからいくらでも各自で
調節できるって事だよね、甘みなどは無理だけど。
レモンを足してもお酢で調節してもいいんだと思う。

muutaruなりのこだわりを追加してみました
・ ひき肉を炒める時は、入れて広げたら他の肉同様焼き目を付けるべくしばらく動かさない
・ 7ではキャベツを一番上にしてアツアツの肉たれがダイレクトにかかって
  少ししんなりするようにしてみたよ 芯は入れませんでした。

しょうゆをナンプラーにすればさらにあちらっぽいよね 
[PR]

# by muutaru | 2006-03-08 20:44 | サブおかず | Trackback | Comments(6)
2006年 03月 07日

ベーコンと鶏ひきのレンコンはさみ焼き

e0087277_2092516.jpg
(材料 2人分) 20分


鶏ひき    100g
レンコン    1節
ベーコン    4枚
塩・こしょう
サラダ油




1 れんこんは5ミリ厚さにスライスして酢水に軽くさらし水気をふく
2 鶏ひきに塩・こしょうしてかるく練る、ベーコンは1枚を3等分に切る
3 レンコンに鶏ひきをティースプーン1ぱい程のせる
4 ベーコンを真ん中に挟むようにレンコンを2枚合わせる
 (ギュッと押し付けると肉は自然に広がる)
5 サラダ油を熱し4を弱火でじっくり焼く

小林カツ代さんのレシピ参考、分量は半分
弱火で焼きすぎなくらい、じっくりじっくり焼くのがおいしいコツ!だって。
オリジナルはレンコンを水にさらしてません muutaruは習慣で何となく

とにかくシンプルなのが気になったレシピ
想像するに、肉タネにねぎなど何かしら薬味的なものや
レンコンにつなぎの片栗粉をはたくなりしたくなるけど一切な~し

とにかく教えのとおり、弱火でじっくりじっくり焼き上げたよ。

うむ!こんがりたぬき色(きつね色よりこんがり)のレンコンは
チップスのようでいて、モチモチ感も。
ベーコンとの相性もピッタリだし粉を使わないから仕上がりがとても軽い。
レシピを覚えなくてもまた作れるのがさらにすばらしー

タネが少ないので片栗粉省略可なんだって納得、
扱いが雑だと少しばらけるので、心配なら片栗粉をはたいてもいいかも。
でも無しで大丈夫だと思う、この手間が省けるってだいぶ楽だしね。

辛子じょうゆで食べてもおいしいと思いまーす

餃子のタネが少し余ったら、レンコンで挟んで焼いてもおいしいかもな~
その場合は片栗粉をはたくは欠かせないね、きっと。
[PR]

# by muutaru | 2006-03-07 20:12 | メイン | Trackback | Comments(7)
2006年 03月 03日

たこと里芋の揚げびたし?

久々の*今日のとほほ*
e0087277_18504139.jpg
里芋とたこに片栗粉をまぶして揚げて
出汁つゆをかけるだけのシンプル~なレシピ

しかーし!やっちゃいました
片栗粉が厚付きだったらしく、出汁つゆをかけたら
トロ味が付きすぎて「あんかけ」になっとるよー

厚くつけるなんてあえてしないものー
むしろ軽くはたくぐらいはしたさー
ただ薄く付けようという意識はしなかったかも・・
で、仕上がりは全く別のもの、料理って奥が深い
ってこのレベルはただのドジっ子 (о`Д´) =⊃)`з )

e0087277_18583085.jpg


今日はひな祭り~**
「吊るしびな」を見にいった時にいた子達。
必死な感じの、たわわに実った「さるぼぼ」
ファイトー!イッパーツ!!
[PR]

# by muutaru | 2006-03-03 19:02 | メイン | Trackback | Comments(9)
2006年 03月 02日

簡単!セロリのレモン漬け

e0087277_21302154.jpg

国産レモンを丸ごと生かしたレシピを作りたい!
という贅沢な悩みをここしばらく抱えてるmuutaru

また見つけました!丸ごと1個完全燃焼 
早速トライ、3分で作業終了ー
食べるのはしばし待ってねッ

詳しくはこちら COOKPADのレシピです
簡単!セロリのレモン漬け


ぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼり

いくらでもたべれる~ 国産レモンってもしかして味がやさしいの?
最初レモン1個入れちゃって大丈夫?って少し心配したけど
全然きつくない、いっしょに美味しく食べちゃいます
大のお気に入りにっ
[PR]

# by muutaru | 2006-03-02 21:39 | サブおかず | Trackback | Comments(4)
2006年 03月 01日

キャベツと春菊のオイル煮

e0087277_20315114.jpg
おいしいオリーブオイルがあったならば~♪
野菜をオリーブオイルで煮る。
私は有元葉子さんといえばこれ!
というイメージのレシピ
「ばーさんがじーさんに」のcincoさんも
(再開うれしー!)よくされてますよねー

火が通ってすぐのフレッシュな感じも良し、
くたっと茶色くなるまで煮たのもよし。
良質のオリーブオイル
なら油っぽくならないのだ

2~3日はおいしく食べれる作り置きのできるデリ風お惣菜

目安としては小松菜2束にオイル大さじ5~6、
にんにく4かけ(たっっぷり目がオススメ)、塩適量(muutaruは塩も利かせ気味が好き) 

厚目の鍋にざくぎりの野菜を入れ、つぶしたにんにく
塩 オリーブオイルを回しかけフタをして弱火でくったとするまで火を通す

muutaruは今回キャベツと春菊で。
昨日も感じたけど今の野菜ってほんと甘いな~

でも料理研究家の方が使っているオリーブオイルってmuutaruが
ふだん使っているものは足元にも及ばないレベルなんだな~・・
普通のエキストラバージンでもやっちゃいます、
確かに少し油っぽくは感じるかもだけどmuutaruは平気

有元さんが紹介されてるオリーブオイルはこちら
LAUDEMIO
サラダがただのサラダでなくなるって ヽ( ´ ▽ ` )ノ
でも買ったことありましぇーん、かえましぇーん
[PR]

# by muutaru | 2006-03-01 21:02 | サブおかず | Trackback | Comments(0)
2006年 02月 28日

今気になる試してみたい事

(1)
上沼恵美子のおしゃべりクッキングでの情報
切干大根は匂いがどうもと言う方が多いらしいのですが、
意外と知られて無い切干大根の煮物の鉄則
戻したらさっと湯掻くまたは油でカラッと炒める
はぜひおさえたいポイントらしいです、あと冷めるまで寝かす、この2つ
特に乾物は煮て暖かいうちは膨らもうという力が強く、ほとんど出汁を吸わないんだそうです

(2)
ケンタロウさんが今日の料理で何度もされてる寿司飯における技・・技?
ご飯に寿司酢を混ぜる時ざっと混ぜるだけで全体に回さない
ごはんのみの所と酢味の所の味の変化があるのが飽きなくていいそうです
小林家では寿司飯の時は必ずそうしてますよねー

(3)
いなり寿司は辛子を付けて食べる
これは小林家では鉄則だそうです
全国展開したいセオリーだそうですぞ
あまーいしょうゆ味にピリっと辛子
これが1番試したーい
[PR]

# by muutaru | 2006-02-28 21:43 | 一言メモ | Trackback | Comments(4)
2006年 02月 28日

大根の塩もみ メインのお惣菜への応用

e0087277_19344851.jpg
塩もみ大根
長ねぎ
豚肉

ザーサイ      材料全て適宜
にんにく

塩・こしょう・酒・しょうゆ



1 油を熱しとき卵を入れてフワフワスクランブルを作り取り出す
2 にんにくみじんを炒め、肉(ちょっと下味したよ)を炒め、
3 水気を切った塩もみ大根・塩抜きしたザーサイも入れ炒め
3 酒・しょうゆで調味しねぎ入れ卵を戻し、塩こしょうで整える

大根や人参が余ったら、高山さん流に塩もみして汁ごと保存。
5日ほどもつし、大根なんかは発酵も進んで旨味もね。
1人暮らしの小所帯には嬉しい技

でも和え物ばかりでは少し飽きてくるな~・・
おっとー!「上沼恵美子のおじゃべりクッキング」でみつけたー 
こちらでは調理の段階で軽く塩もみだったけど、
冷蔵庫の待機班!使えるじゃないかっ

メモらなかったので系統だけ押さえて後は雰囲気でーす
卵はぜひ有りで!

お察しの通り大根は余分な水気が抜け、
下味がしっかり付いた状態炒め物になじみますよ。
しかも今の大根は甘いからザーサイの塩気といいコンビ
夏大根のピリ辛でやったらまた別の味わいで面白そう
ピリ辛つながりがりで、豆板醤・コチュジャンでもやってみたいっ

**独り言**
ところで・・にんじんのグラッセってどうなんでしょ・・
muutaruの栄養について参考にしている資料が
レシピもネーミングが昭和でおっかしいのですが
(例えば「鮭の何とかグルメ」とか「果物のファンシー○○」とか、ぷぷ)
いつも別格でにんじんのグラッセが載ってるのが不思議なんです
煮物・焼き物、と大きくくくられているのに、にんじんのグラッセだけ単独でドン
いいんですけどね、不満ではないんです、不思議っていうか・・
その資料が書かれた(今80歳位の方が書かれたもの)時代では
にんじんのグラッセってどんな存在だったんだろ~っ
甘いものが少ないかつての時代、華々しいおごちそうの証だったんじゃないのかな~
いやいや、今はもう華がないって訳ではないのです、でもあまり食べないかも

ちなみにその資料ではキュウイの両端を落として立て、
ゼリーがけにして上からくりぬいて食べるってデザート
紹介されてたよ、むむむむりがないかな・・ぷぷ
きっとキュウイも南国のあこがれのフルーツだたんだろーなー
[PR]

# by muutaru | 2006-02-28 20:13 | メイン | Trackback | Comments(0)