忙しくてもおいしいごはんを作りたいのだ

muutaru.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2017年 04月 27日

えびポテトマヨグラタン

e0087277_5211998.jpg














レシピはキューピー3分クッキングの
こちら

えびが全然見えていませんが
実は小ぶりのバナメイえびが
たっぷり入っているんです~(;´д`)

こちらの放送日3月1日はマヨの日
ということで、まさみさん、マヨたっぷり
レシピの紹介でした。

じゃがいもは手抜きで皮を剥いて
茹でてしまいました。
最後湯を切ってから鍋に戻し火に
少しかけて水分は飛ばしておきました。

ほんとは丸ごと加熱して後から皮を
剥いた方がおいしいんですよね~・・・
分かってはいるのですがつい (;´д`)

マヨと牛乳を合わせるだけで
グラタンソースの出来上がり
です。

ポイントは 焼き色をこんがり付ける です。
マヨとエビの焼けた香りがほんと香ばしい~♪
今回の仕上がりよりもっと焼き色を
付けてもよかったかもです。

ちょっとジャンキーではありますが、
これはお手軽ボリュームおかずを
教えて頂いちゃいました。
子供の食べ盛りにはもってこいの1品☆

じゃがいも、今大変なんですよね・・・。
コープはあまりお値段の変動が無く
常に比較的安定供給なのですが。

そういえば数年前もアメリカの船員の
ストライキでじゃがいもが届かないと
大変な事になっていたな~、なつかし。

じゃがいも、早く安定した供給に
戻ります様に。
[PR]

by muutaru | 2017-04-27 05:35 | サブおかず | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 25日

辰ちゃんの春キャベツの蒸し煮

e0087277_5135631.jpg














レシピは こちら
おさらい様お世話になります。

子供を産んだのが遅かったので、
さすがに子供と同じ食事を摂っていては
体を壊します。

簡単で野菜タップリの大人用お惣菜を
子供用と別に作らねば!

とんな時にひょっこり辰っちゃん登場です☆

春キャベツ丸ごと1個 使います。
(´▽`)

このレシピは春キャベツならではとのこと。
芯から甘みが出るので捨てずにザクザク
切っていきます。

ポイントは、キャベツを2~3回に分けて入れ、
その都度煮汁に浸ける様に 上から
ギュッギュッと押し込みます


お出汁を使っていないのにおいしいスープ!
オットも「ラーメンみたいだな」と。

塩と薄口醤油で塩味をキリッと締めて
あるため味はボケていません。

ほんの少しの豚バラでキャベツが
モリモリすすみます。
あ~、お腹いっぱい。

地味なのにほんとしみじみ
こういうのがいいな~と
体に染みわたる食材そのものの
おいしさ☆
この時期ならではなのが悔しい (;´д`)

これは春キャベツの時期が終わるまで
週1で作るとしよう☆

e0087277_5363682.jpg













子供といえば、長男もうすぐ9才、
長女もうすぐ6才になっています。

さすがにここまで来てしまうと
ほんと成長が早くて親の認識が
ついて行けない時があります。

あれ?こんなに大きかったっけ?
と思う瞬間が度々 (;´д`)

ほんと今を楽しんでおかないとな~
と焦る気持ちになります。
いっぱい家族の時間をすごしておこう☆
[PR]

by muutaru | 2017-04-25 05:33 | サブおかず | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 20日

卵の折りたたみ焼き

e0087277_4473033.jpg













今日の料理「きちんと毎日お弁当」での
飛田さんのレシピはおさらい様からの
こちら

茹で卵より簡単といっても過言で
ないこちら☆

目玉焼きを折りたたんでしっかり
焼きます。

半分に切ると、お、なんだか
可愛くて食欲をそそる1品の
できあがりです☆

オイルでカリッとした香ばしい両面の
焼き目と、お弁当に少ないシンプルな
塩味。そこそこのボリュームで隙間を
埋めてくれるし汁もないし形も崩れない。

完全に黄味の中まで蓋をしてしっかり
火を通します。

もっと早く知っておきたかった (;´д`)

ほんと自分ではこんなシンプルな工夫でも
全く思いつきもしません。
[PR]

by muutaru | 2017-04-20 04:56 | サブおかず | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 19日

五目野菜の炒め物

e0087277_5192867.jpg













上沼さんのおしゃべりクッキング
レシピは  こちら

野菜炒めなのですが、材料を全て
もやしやニラに合わせて太めの
千切りにしています。

そして 紹興酒と甜麺醤
肉味噌を作り旨味を全体に行きわたらせます。

全体の味付けは 同量の醤油と紹興酒 、
少しの砂糖と塩1~2つまみ


やはり甜麺醤と紹興酒を使うと
すごく本格的な中華の手の込んだ一品風に
なってくれます!その底力を感じます!!!

野菜たっぷりですが、子供モリモリで
オットにほとんど回りませんでした。

先生曰く 野菜炒めにキャベツを
入れるとほんと難しくなります。
とにかく水分が出ますので。
特に芯の部分からはすごく
水分が出ますね

とのこと。
ほんとにそう思います。

あ、最後に合わせ調味料を加える時
鍋肌から 3回に分けて
もポイントですネ☆
一気に入れると温度が下がって
スープ煮になってしまいます。

おいしかった☆
野菜炒めはこれにしよう。
この肉味噌、ストックしておくと
便利かもしれない (´▽`) ♪
[PR]

by muutaru | 2017-04-19 05:36 | サブおかず | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 13日

豆板醤は・・・

お子様がいる場合は省いてもオッケーと
よくおっしゃいますが・・・・

若干・・・省いただけではボケる感じが
するのは気のせいでしょうか。
豆板醤もそこそこの塩分を持ち合わせて
いる気がするのですが。

あの尖がった旨味のある塩分は何物にも
代えがたい気がしなくもなく・・・
[PR]

by muutaru | 2017-04-13 19:59 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 13日

米粉は好きなのですが

最寄りのスーパーにはなく (;´д`)

米粉=上新粉=餅粉=白玉粉

という解釈でよいのでしょうか・・・
[PR]

by muutaru | 2017-04-13 19:56 | その他 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 11日

ボリュームたっぷり!ひじきと鶏肉の煮物

e0087277_5322844.jpg













レシピは こちら
おさらい様、お世話になります。

和食の巨匠達がちょっとした
普段の和食のコツを伝授してくれる
NHK今日の料理「京料理人の簡単和食塾」

ひじきの煮物のコツがガッテンでした!

ひじきを戻すのは15分以内
それ以上戻すと柔らかくなりすぎます。

煮るのも15分
煮すぎるとやはり柔らかくなりすぎます。
なのでレシピの煮汁はけっこう少な目ですネ。
ピタッと15分でよい塩梅に煮詰まりました。

さらに 最後にみりんをひとたらし
これでコクが出てマイルドな仕上がり
さらに一味変わるコツです! (´▽`) )

鶏肉を入れるのもコク旨アップで
スッキリひじきの磯の香も生きていて
おいしいっ ε- (´ー`*)

特に難しいとかひと手間とかは無く、
行程でのポイントを何か所かキチキチッ
と押さえていくだけでオケーの今回の教え。

大変勉強になりましたっ ( ゚Д゚)ゞ

こちらの器、100均でゲットの小鉢ですが
非常に重宝しています。
主婦って意外に器屋さんを覗く機会って
少ないですよね~・・・。
100均はついでに覗けるので強い味方。
なかなか良いものも置いていて
侮れないです☆
[PR]

by muutaru | 2017-04-11 05:47 | サブおかず | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 08日

ドラムでクッキング

オットがネットで拾った こちら

も~、NHKさん何やってるんです~?
までもちょっとおもしろいな。

「この番組は初心者が失敗しがちな
料理のポイントを、ドラムのリズムで
支えていこうという番組です」と
( ´,_ゝ`) プッ
[PR]

by muutaru | 2017-04-08 08:53 | その他 | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 06日

あさイチの卵焼き

レシピは  こちら
おさらい様より拝借、ペコリ。

この日のあさイチ、お弁当の
秘訣を伝授でしたか!?

仕事中だったので立ち止まって
見られず、その前を通過する
主婦のスタッフが皆「何?何!?」
と落ち着かない状況でざわつきました。

またこれ、今までの常識をクルッと
くつがえしちゃう感じの秘訣でしたか?

おにぎりもごはんの粗熱を取ってから
握る、とか言っていたかな~。

あ~、録画したかった (;´д`)
[PR]

by muutaru | 2017-04-06 05:40 | Trackback | Comments(4)
2017年 04月 06日

きんぷらを細く細~く

e0087277_5191432.jpg













・・・って写真は大して細くないし (;´д`)
という、ここまでが私の限界ですが。

同じく飛田さんの「毎日きちんとお弁当」
できんぴらのレシピです。

レシピは  こちら
おさらい様、失礼します。

ポイイトは  ごぼうをできるだけ
細く切るのがおいしさの秘訣、
口当たりがフワッと優しくなります
と。

「ここは心を無にしてひたすら細く、
意外に心がスカッとしますよ」
的な事を飛田さん曰く。

むむ~、周りがワサワサしすぎていて
集中も難しく、やはり千切りは得意とは
いえない作業でしたが何とかやりました!

ほんとだ!

極力、細切りにした事でふんわり
子供でも箸がすすむ1品に仕上がりました。
しかも カリコリとした
歯応えも生きている


やっぱりきんぴらはおいしいなと
改めてじみじみ実感するレシピでした。

ポイントは細く、だったのです。
そこにこだわった事がなかったので
いまさらながらきんぴらに新発見でした。

油をけちらない というのも
きんぴらのコツと小耳に挟んだ
事があります。

レシピどおり大さじ1は使うとしましょう。
[PR]

by muutaru | 2017-04-06 05:32 | サブおかず | Trackback | Comments(0)