カテゴリ:サブおかず( 305 )


2017年 03月 21日

ほうれんそうと海草、にんじんのナムル

e0087277_582886.jpg














レシピは  こちら
おさらい様、お世話になります。

「今日の料理」管理栄養士10人のメユー
にて藤井先生がナムルのコツを伝授して
下さいました。

ごま油→塩→塩
→にんにく→すりごま

の順番で味付けしていき、

その都度そして
手で さらに よく! 混ぜる、です。

私は常備菜として日持ちさせたいので
絞った後ほぐす時以外は極力
触れない様に菜箸で混ぜていました。

確かにいつも微妙に納得いかない
仕上がりだと思っていました~ (;´д`)

よく手で混ぜる事で味わいがまろやかに
丸くなる事。
ごま油の段階で油が少し乳化して白っぽく
なる程まで混ぜていらしたと思います。

これほど手で混ぜてもこちらのレシピの
日もちは冷蔵庫で4~5日♪
5日はうれしい!  ε- (´ー`*)

しかも  わかめ、人参、ほうれん草
オールスター揃いの様な
組み合わせ、これまたウレシイ。

風味と歯ごたえが複雑で飽きません。

管理栄養士さんらしく少し薄味の
優しい仕上がりなので、我が家的には
もう少しだけ、しょっぱめに仕上げました。

手で混ぜないと、どうしてもほうれん草が
重なってほぐれない所に味が入らずに
水っぽい仕上がりに感じるんですよね。

今回の管理栄養士さんの野菜たっぷり
レシピシリーズ、すごく勉強になっています。
[PR]

by muutaru | 2017-03-21 05:24 | サブおかず | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 17日

ジョン・キョンファさんのチャプチェ

e0087277_5334393.jpg













あ、大変!ジョンさんのチャプチェを
うっかりNHKのサイトにリンクしたので
レシピが見られなくなっていました。

おさらい様の サイト
リンクさせて頂きます。

自分がまた作りたい時用に再アップで
失礼致しました (;´д`)
[PR]

by muutaru | 2017-03-17 05:36 | サブおかず | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 15日

ミックス野菜のミルフィーユ

e0087277_5142668.jpg













今日の料理の管理栄養士10人のメニュー
というテーマで本田先生が紹介されていた
レシピです。

レシピは こちら
おさらい様、お世話になります。

今はすっかり孫の食生活中心の
食卓という本田先生。

小さいお子さんがいないご家庭では
こういう系はあまり作らないかとも
思いますが、チビに野菜を食べさせたく
日頃頭を悩ませているママさん方には
必見のレシピだと思いました!

最近ちょうど「子供に野菜を食べさせる
ためには、バター・ベーコン・コンソメ」
辺りはマストだと感じていたのですが。

別にいけない事ではないのですが、
本田先生がそれらを全部使って来た!
という所で何だか安心して嬉しくなって
しまいました (´▽`) )

耐熱容器に野菜を
どんどん積み重ねて
バター・コンソメ・ベーコンの
旨味を追加してチンするだけ
です。

ポイントは チンが終わったら
ラップを外さずそのまま庫内で
5~6分蒸らす
ところでしょう。

マッシュに近いシットリ感に仕上がります。

今回キャベツとローリエは省略して
ベーコンの代わりにソーセージを使いました。
最後に少し塩で味を調整しました。

ソーセージがゴロゴロしているので
子供達もつい手が伸びた感じです。
全くブーイング無しでした!!!
これは滅多にない!

オムレツやポタージュの具として
アレンジ可とのこと。

レンジで子供の野菜対応の1品が
勝手にできているのは本当に
ウレシイ~ (´▽`)!

カップに入れればお弁当にも
使えちゃいますネ☆

これはもう本当に心強い味方が
一品増えました。 ( ・ω・) ㌧
[PR]

by muutaru | 2017-03-15 05:31 | サブおかず | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 06日

ひじきの梅煮

e0087277_511514.jpg













以前、チェーン系の居酒屋に
入った時出たお通しが
ひじきだったのですが、
ほんのり梅風味で「お!」
と思った記憶がずっと頭にありました。

それから数年経ったと思うのですが、
ようやく上沼さんのおしゃべり
クッキング岡本先生レシピで
梅風味ひじきが来ました ☆

レシピは  こちら

さらにボリュームアップで
鯖もはいっちゃいます。

人参とネギが冷蔵庫に切れて
いたので色合いが微妙~(;´д`)
さらにしめじは冷凍庫に眠って
いたマイタケで代用。

しかし普段あまり使えていないと
意識していたきのことひじきが
一気に使えて大満足 ♪

さらに鯖缶の缶汁ごと入れるので
出汁は勝手に省略して
水で行ってしまいましたが、
全く問題無い仕上がりに
なっていると思います。

梅肉はたたかないで
ちぎって種だけ除いた
状態で入れてほんのり
梅風味を効かすくらいで

という所がこだわりポイント
かもしれません!

居酒屋さんでも微かに梅で
「あれ?」としばし考えるくらいの
微かな隠し味になっていました。
おそらくオットは梅が効いていた事は
気が付いていなかったでしょう。

だし・みりん・しょうゆ・砂糖
だけの和食のお味がどうも
お口の中が単調になり
良く作りはするものの私的には
あまりハマらない系統なですが、
そこに梅など少し酸味が入ると
がぜんツボにピッタリ入ってきます。

たまには外で食べて刺激を
受けるのも重要ですね~。

今回はチェーンの居酒屋さんの
お通しという意外なところに
刺激が転がっていました(´▽`)
[PR]

by muutaru | 2017-03-06 05:22 | サブおかず | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 01日

重信さんのあったか肉豆腐

e0087277_5175270.jpg













あさイチ解決ごはん、重信さんの
肉豆腐レシピが大変勉強になりました。

レシピは  こちら
おさらい様、お世話になります。

まず肉を炒めたら赤さが残っている状態で
調味料を入れお肉にからめる。
肉に味を付ける前に豆腐を
入れると豆腐の水分で肉の
味がぼやける


次に肉を寄せて空いた隙間に
豆腐を入れたら豆腐の上に肉を避難!
牛肉なので後は余熱でオッケー

空いた隙間に白滝と長ネギを入れる。
肉と白滝が隣合わず肉が
固くならない


こうして余計な水分が一切入らないので
具を全部入れてから1分で完成

一つ一つの行程を漫然とでなく
意味を理解して進めると
仕上がりが断然違ってきます☆

調味料の量も極限まで少なく
済んでいるのではないでしょうか。

味はしっかり付いていますが
全体的にスッキリしています。

アク抜きのこんにゃくでも
やっぱり茹でて余分な水分を
抜いた方がおいしいですよネ☆

肉豆腐、意外に適当だとあまり
おいしく出来ないと思っていましたが
秘密を知ってしまった気がしま~す 
(´▽`) )

怒っていないけど怒っている様に
見えるキュートな重信さん♪
ありがとーございました。
[PR]

by muutaru | 2017-03-01 05:33 | サブおかず | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 21日

レミさんの長ネギグルグル

e0087277_681398.jpg














レシピは  こちら
YUI-ONE様、お世話になります。

ネギと豚バラに塩コショウして
ネギにバラをグルグル巻いて
焼くだけです (´▽`) )

よくみかけるレシピですが、ポイントは
1本丸ごとで焼く ところ
だと思います。

皆のウケを狙い1本ごとお皿から
はみ出た状態で出しました。
狙いどおりウケましたが
(;´д`)

やはり食べる時はうまく切れません~、
結局ハサミで1口サイズで
チョキチョキ~です、
それもまた見た目がカワイイ。

しかし焼く時は丸ごと1本焼く事で、
中が蒸されて長ネギのエキスが
内部に留まりトロトロの仕上がりに
なるのだと思います。

さすがに青い部分まではグリルに
入りませんでしたが、
おおよそいける感じです☆

ほっんとおいしい ε- (´ー`*)

長ネギ、4人で4本いけちゃうな。

ちなみにとある動物園では
チンパンジーのおやつを季節ごと
変えているそうなのですが。

真冬のこの時期は
「風邪予防に長ネギ」が
おやつなのだそうです。

ものすごい勢いで両手にわしづかみで
バリバリいっちゃっていました。
よし、我が家も長ネギ、負けないぞー!

冬はほんとお野菜が楽しいです♪
[PR]

by muutaru | 2017-01-21 06:21 | サブおかず | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 13日

ジョン・キョンファさんのチャプチェ

e0087277_5214558.jpg













あさイチ解決ごはんでのキョンファ
さんのレシピは  こちら

チャプチェの正統派作り方!

やっぱり 野菜は1種類
づつ炒めるのですネ

これが大変と思っていたのですが、
今回作ってみたらさほど苦では
ありませんでした (´▽`)

しかもびっくりポイントは
春雨を炒めません
熱湯で戻して水けを切ったら
そこに炒めたお肉と炒め汁を
かけて春雨と混ぜる手法です。

この作り方は初めてですが、
お味がスッキリ、仕上がりが美しいです。
このプロっぽい仕上がりは嬉しい~♪

レシピどおりでは我が家のスタンダード
と比べかなり優しい味付けでしたので、
この野菜の量でしたら調味料は倍量で
よいかと思いました。

春雨と牛肉を常備して、野菜室に
野菜が溜まったらチャプチェで
まとめて食べちゃおう作戦で
今年は行きたいと思います(´▽`)

チャプチェはお持たせにもバッチリ
とのこと。韓国ではお誕生日には
必ずチャプチェなのだそうです。

ほんといいな~。
持ち寄りにもお家飲みにもチャプチェは
かなり最適なのですネ。

2017はチャプチェをものにしよう~♪
[PR]

by muutaru | 2017-01-13 05:36 | サブおかず | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 11日

豚肉と蓮根の炒め煮

e0087277_5354169.jpg













初回放送時からぜひ作らねばと
思っていて1年越し以上になって
しまった栗原さんのレシピです。

レシピは  こちら
このくらいコッテリ仕上げたければ
もはや調味料以外の水分は
使わないのですネ☆

豚しゃぶしゃぶ用肉を使って超剛速球、
そしてボリュームおかずです!
助かります♪♪

甘辛い濃いお味でレンコンは
きんぴらの仕上がりになっています。

蓮根の切り方によっても色々な味わい
が楽しめそうです。

「同じ味付けで、牛肉や鶏肉、ごぼうなど
応用自在なレシピ」とありますが、
日本の家庭の味として覚えておきたい
1品です~ (´▽`) )
[PR]

by muutaru | 2017-01-11 05:43 | サブおかず | Trackback | Comments(4)
2016年 11月 02日

こうちゃんレシピのチヂミ

e0087277_05180515.jpg













チヂミは好きで、チヂミ専用の粉を
買ったりなど色々作ってきてみましたが、
今一番作りやすくて気に入っているのは
「こうちゃんの簡単料理レシピ」のレシピ。

材料をメモらせて下さい。

(材料)
豚バラ 120g
にんじん 1/2本
ニラ   1/2束
小麦粉  1/2カップ
片栗粉  1/4カップ
卵    1個
水    100cc
ほんだし 小さじ1

という塩梅ですね☆

がしかしつくづく粉を測るのは
苦手~ (( ;゚Д゚))

タレは我が家流で
ポン酢・砂糖・ごま油
を合わせるとそれっぽい味に
仕上がります (´▽`)

少しモチッとした仕上がりですが、
表面をカリッとさせたければ
油の量かな(多目で焼く)と思います。

最近今更ながら「意外にこうちゃん
レシピにいくな」という流れです。
子供が間違いなく好きな方向性が
多いのかもしれませんね。

しかし簡単レシピシリーズは
3冊持っているのですが、
3冊ともそっくりで目次も特に
ないので「あ、あれ作ろう」と
思った時にレシピを探すのが
と~っても大変なんです
(;´д`)
ま、でも重宝していま~す♪ 
ε- (´ー`*)



[PR]

by muutaru | 2016-11-02 05:34 | サブおかず | Trackback | Comments(2)
2016年 10月 12日

いりこんにゃく

e0087277_05201093.jpg














松田さんの大のこんにゃく好きは私の中では有名です。
こんにゃくを美味しく頂くための下処理にいつも
そこまでやるかとびっくりさせられます!
さほどの手間ではないので是非覚えたい
手法ですよ~(´▽`)

レシピは  こちら おさらいキッチンさん、
いつもありがとうございます☆

○まずこんにゃくを塩をまぶして
 よくもみもみします
○そのまま鍋に入れ30分茹でる
○食べやすくちぎり出た水気を拭く
○フライパンで乾煎りしさらに水気を飛ばす

ここまでしたこんにゃくは
乾煎りした時に、キャーキャー
今まで聞いた事のない様な悲鳴を
上げます。
これがおいしいサインなんですよね♪

味付けは松田さんのレシピは
唐辛子の辛みを生かした上品な
仕上がりですが、我が家は唐辛子を
省いたのでちょっと中途半端に
なってしまいました →ܫ←

子供が食べる食べないはさておき
シンプルなレシピほど初めは
レシピどおりに (´▽`) ☆
つくづくいつも思う事です。

あ~・・・時間が~・・・
(;´д`)
新しいバージョン使いにくいっ
<(`^´)>
前のに戻してくださ~い!!!!







[PR]

by muutaru | 2016-10-12 05:47 | サブおかず | Trackback | Comments(2)