カテゴリ:メイン( 272 )


2017年 02月 23日

手羽元のバーベキューチキン

e0087277_53534.jpg













今日の料理、ザ・ミーツのmakoさんの
レシピは  こちら
おさらい様、お世話になります。

makoさんのお料理はいつも
そうですが、「ご近所のお料理
上手のあの方のあのお料理の
お味はどうやって作っているの?」
「こうだったんだ~!?」的な劇場が
勝手に頭の中で始まる物ばかり。

こちらのレシピは にんにく、ワイン、
ガラムマサラ、醤油、砂糖、
みりん、ケチャップ

のマリアージュですね。

こんな味付けあったんだ!と
目からウロコ。
是非覚えておこう (´▽`)

オット「異常に食べにくいけどウマイ」
長男「たべにくいけどうま!」
長女「歯がいたい~いたい~もういっこ」
(現在乳歯生え変わり中)

という全員手がベトベトですが
止まらない状態に陥りました。

ガラムマサラ 我が家では
定番スパイスになっていますが
なかなか重宝します。

名前はオリエンタルなひとくせ
ありそうな雰囲気ですが、
いわゆるちょっとジャンキーな
スパイシーチキンのあの感じが
簡単に出せます。

あって困らないスパイスの
一つだと思います~☆
[PR]

by muutaru | 2017-02-23 05:47 | メイン | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 22日

チーズつくね

e0087277_5282988.jpg














3分クッキング、藤井先生のレシピは
こちら

俵型のゴロンゴロンしたつくねが
子供達にウケました (´▽`)

しかし注目ポイントは下に載っている
アドバイスの一番下☆

ゆでたほうれん草を一緒に
食べるのがおすすめ、
湯と塩の分量ときっちり計って
ゆでる(約2分)のがおいしいコツ。


「こうして塩と油で茹でたほうれん草は
それだけでとてもおいしく頂けるんです」
と先生。

そこを期待してのトライでしたが
ほんとうでした!!!!
ほうれん草も一緒に食べてネと言った
矢先、文句ブーブーでしたが・・・・

結果、1把分全て子供二人で
食べました ε- (´ー`*)

ほうれん草を茹でる時も湯は
たっぷりで油と塩はきっちり計って☆
心の片隅に覚えておきたいです ♪

ちなみにこちらのレシピ4人分ですが
全然足りません~。
次は倍量で作ります。
[PR]

by muutaru | 2017-02-22 05:39 | メイン | Trackback | Comments(2)
2017年 02月 02日

新じゃがと鶏肉の煮物

e0087277_1054636.jpg













が近づき
スーパーにコロコロの小さな
新じゃがが並ぶと毎年
必ず作っている カツ代さん
レシピです。

今までさんざんアップしてきたと
思っていたら意外にも初のもよう。

じゃが芋の皮は剥かない
のがポイント☆
新じゃがでなくても皮つきの
ままでオッケーとのことです。

(材料)
新じゃが   300g
鶏もも肉   1枚
新たまねぎ  1個
(新でなくても可)
砂糖・みりん 各大さじ1
醤油・酒    各大さじ2
水       適宜

1 じゃが芋はよく皮を洗い大きければ切る
2 鶏も一口大に切る、玉ねぎは3cm角切り
3 じゃが芋の水気をよく拭き高温で揚げる
  (表面はきつね色・中は生でオッケー)
4 鍋に水以外の調味料を煮立てる
5 玉ねぎ・鶏を入れ煮る
6 鶏に味が染みこんだら新じゃがを加える
7 水をひたひたに加え、じゃが芋が柔らかくなるまで煮る

<カツ代さんから一言>
〇 油は古いものでも大丈夫、中には浸みません。
〇 煮汁が煮立っているところにじゃが芋を入れると
   味がよく染みます
〇 この方法は鶏を入れなくても充分おいしいです

もうほっんとこれオイシイの~
ε- (´ー`*)

新じゃがの揚げた皮の香ばしさと、
シットリした中身の水々しさと
コッテリ煮えた玉ねぎのマッチングが
この季節ならではの私の春のお楽しみ☆

揚げるのがめんどうかもしれませんが
これだけは滅多に省きません!
省くなら普通に肉じゃがにします。

この先に割り下的な濃い味付けで
肉に味付けしてしまうのは
小林家、土井家辺りの本では
度々みかける方法ですね。

関西のスキヤキの手法です。

今年もじゃんじゃん春野菜が並び
始めましたね~(´▽`) )

今小学校はインフルによる
学級閉鎖パニックですが、
これはもう毎年の年中行事ですな。
初年度はショックを受けましたが
今年はやっぱり的な諦めの境地。

2月に受験を迎えるのって
やっぱりちょっと厳しいですよね~・・・
早く誰か何とかしてくれればいいのに。
[PR]

by muutaru | 2017-02-02 10:35 | メイン | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 01日

登紀子ばあばの鯖の照り煮を鮭で

e0087277_8412035.jpg














レシピは  こちら
おさらいキッチン様、いつも済みません。

今日の料理で登紀子ばあばが
紹介した鯖のレシピ。

鯖以外のお魚でもオススメとの
ことだったので、子供に魚を食べさせる
べく安牌の鮭でいってみました。

レシピでステキだったのは
長ネギを直火で1本ごと炙って
鹿の背中の斑点の様な焦げ目を
付ける技!

私は余裕が無く魚焼きグリルに
入れてしまいましたが、
鹿の子・・・何とか (;´д`)
という技、ぜひ機会を見て
挑戦したいと思っています☆

あ、安全装置が付いているコンロでは
不可なのかな・・・
それだと焼き網も使えないんですよね。

さすがばあばでございます!
子供が「これおいしい!」と
ひと口目で下づつみを打ちましたよ。

甘じょっぱくテリッとした濃い
お味付けがウケました。

鯖に負けないパンチのある味付け
とのことで、お魚の種類によって
甘さを加減してオッケーとのこと。

我が家はこのくらい濃くってオッケー♪

青魚、週一で食べさせ委員長の
わたくし、次回は鯖でいきますよー!

作り置きにもピッタリ ヽ(*´∀`)ノ
[PR]

by muutaru | 2017-02-01 08:56 | メイン | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 28日

こんがりミートボール

e0087277_1743572.jpg













レシピは  こちら

上沼さんのコメントにもある様に
「正当な基本のおいしさ」とは
まさにこのこと☆

子供でキライな子はなかなか
いないでしょう。

グラタン皿にトマトソース
を敷いてミートボールを並べ
魚焼きグリルで焼く
だけ。

こんがりポイントは上からかける
粉チーズとオリーブオイルでしょう♪

一気に焼けちゃうからほんと楽チン。

オーブンでも焼けますが、今回はレシピ
どおり魚焼きグリルで焼いてみました。

あ!こげた!!!

コンロの火加減はご家庭ごとそれぞれ
なので火加減はご注意です (´▽`)

反省点、ミートボールの練りが甘いと
ミートボールから肉汁が流れ出てしまうので
もう少ししっかり練るべきでした。

でもこれは間違いなし!
一気に大量にお肉料理を作らなくては
ならない時は大活躍してくれそう。

この夏子供がお泊り会を企画しているので
その時の1品はこれかなっと!
( `・ω・´)ノ

あ!!!!
あとこちら、レシピには特記されていませんが、
耐熱皿にはオイルを塗っておくべきだと思います。
そうでないとこびり付きがなかなか
落ちません~ 。・゚・(ノД`)・゚・。
[PR]

by muutaru | 2017-01-28 17:16 | メイン | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 25日

岡本先生のしいたけの肉詰め

e0087277_5112161.jpg













上沼さんのおしゃべりクッキングの
レシピは  こちら

この時期我が家最寄のスーパーには
ぶりぶりに太ったしいたけが棚にならび、
「絶対何か詰めたいっ」
という衝動を抑えきれなくなります。

今回は王道で肉詰めをいってみました!

上沼さんの番組もずっと観て居るので
試食の上沼さんの感想で、
全部すごく美味しそうにコメントしますが、
「これは絶品だった」とか
「これは普通だった」とか、
何となく分かる様になってきています。

たまに前回を振り返り「このまえの〇〇は
ほんとおいしかったです」と言う事が
あるのですが、こちらもそのレシピです
(´▽`)

ポイントは  豚ひき肉と
鶏ひき肉を半々で使う

ところでしょうか。

しいたけを邪魔しないスッキリ感と
肉汁をしいたけにタップリ吸わせる
コクの補いのバランスがなるほど!と
唸らせられる1品に仕上がりました。

あ~、これは子供にはもったいない。
上だけ(肉の部分)たべたいなど
言うのでほんともったいない!

これは実家の両親に是非食べさせたい。
今度帰省した時はこれを作ろう☆

おしゃべりクッキング、たまにお料理や
器とランチョンマットの組み合わせが
えええ?と思う時がありすごく気に
なっちゃいます (;´д`)

先日観た回もお魚に蕪の銀あんを
かけて黒釉の深鉢に盛ったお料理を
ピンクのチェックのランチョンマット
に乗せていたのですが・・・
う~ん、それは最高にイマイチでしょう (;´д`)

そこのところ、ひじょーに微妙な時が
ありますので、独り言ですがつい
呟かずにはいられませんでした~!
( `・∀・´)ノ
[PR]

by muutaru | 2017-01-25 05:25 | メイン | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 14日

レミさんのオイスターソースタレ

e0087277_10532238.jpg













そして新年にオイスターソース炒めの
タレの配合の公式を知りたいと
呟きましたが・・・・・

そんな矢先レミさんの
こちら
レシピが飛び込んで来ました。

今回は長芋をジャガイモで代用。
豚肩ロース肉が無かったので、
豚トロで代用してみました。
豚トロでもうまし!

オイスターソースと醤油は同量で
砂糖が1.5倍、酒は2倍

これなら覚えられるかな~。

ここに書いたので覚えられそうな
気がします(´▽`) )

ちなみに私の個人的な意見ですが、
レシピに「紹興酒」と書かれている時は、
日本酒で代用もできますが、
やはり紹興酒を使った方が断然ワンランク
アップのお味に仕上がると思います☆

開栓しても長期保ちますし
ぜひ炒めものに紹興酒オススメです。
[PR]

by muutaru | 2017-01-14 11:00 | メイン | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 14日

レミさんの鮭のカレークリームかけ

e0087277_10151551.jpg













レミさんレシピが我が家でヒット
連発中でございます!

今日の料理で放送されたレシピは
こちら
今年もおさらいキッチン様、勝手に
お世話にならせていただきます。
済みません (;´д`))

ごぼうは省略してサーモンのみの
部分を抜粋して作りました。
レシピ名も自分で検索しやすい様
変えました、ごめんなさい。

生クリーム・オイスターソース
塩・カレー粉
を合わせたソース。

レミさん各調味料を
「フランス人、中国人、国際人、インド人」
と例えながら合わせていました。
ほんとだ、ほんとだ!笑

仕上がりは非常に複雑でいて、
特別珍しいものは入れていないので
馴染みやすいステキなお味の
ソースが簡単にできまた ♪

ハルが「これ、明日も作って。
レミさんに美味しすぎってメールして」
と・・・(;´д`)

メールはできないのでこちらにて、
レミさん、簡単でおいし~!!!
こんな洋風おかずも今年は
少しづつ取り入れていきないな。

これはホタテやエビのソテーなどに
合わせても最高に美味しいソース
だろうな~、あ~また今日も食べたい。

レミさん、やっぱり天才ですわ☆
[PR]

by muutaru | 2017-01-14 10:29 | メイン | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 28日

チキンカツ

e0087277_5203419.jpg













キューピーさん分クッキング
まさみさんのレシピは こちら

まさみさ~ん、おいしい~っ!!!
これは 私今年一番お気に入り
レシピになりました~☆

鶏胸肉2枚でおお~きなカツが
4枚もできてしまいます♪

私は今回半分に切るのを忘れたので
大人の男性の手のひら2つ分程の
カツが2枚揚がってすごくダイナミック。

まさみさん曰く
こちらソースがおいしいんです。
手作りのソースはほんとおいしいので
たっぷりかけて下さい
と。

これはまさにそのとおりで、
ソースはサラサラなのですが
あまずっぱくてサラッとしていて
鶏胸にぴったり、くどくありません。

分量のカツに分量のソースを
全部かけてひたひたの状態が
これまたおいしくって (´▽`)

おっと「これはパンに挟んでも
うまいな」 番組で小熊さんも
同じこと言っていました。

ま、余らせるのは至難の業と
思われます (;´д`)

おし!明日はお休み取ったので
今日が仕事納めだ~っ!
今年も色々あったけど、
多分いい年だったと思います。

明日からの連休のために
今日は仕事に全力投球だぞっ。
そして夜はママ友飲み会だぞっ。
[PR]

by muutaru | 2016-12-28 05:32 | メイン | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 26日

クリスマスは鶏モモ骨付きにしました

e0087277_5234063.jpg













今年のクリスマスディナーは
オットも私も土曜出勤だったため
前もって鶏を漬けて置けば
当日焼くだけの  こちら のレシピで
鶏モモ骨付き肉にしてみました☆

もうほんとのNHKはレシピの
リンクが切れるのでキライっ!
レシピは こちら
お借りします、すみません。

骨付きをこのレシピで焼くのは
初めてでしたが・・・。

ふむ、お味はおいしく焼けました!
オッケー、来年もこれでいこう。

しかし皮目への色の乗り具合が
いまいち薄いな~・・・。
焼く途中で何度かマリネ液を
塗りながら焼いたのですが
いまいち色が乗らず (;´д`)

市販の様にもっと濃い茶色に
仕上げたい・・・・。
(画像は中でも一番濃い色に焼けたもの)

こういう場合、皮目にフォークなので
穴を開けてマリネ液を染み込みやすい
様にするのだろうか。

しかし、骨付き肉にバリバリかじり付く
姿は決してロマンチックなイブの
夜の光景ではありませんネ (・ω・)

まだご結婚前のカップルには
決してオススメできないわ。

子供達は自分の顔ほどの大きさの
肉にかじり付いて大満足の様でした♪
[PR]

by muutaru | 2016-12-26 05:37 | メイン | Trackback | Comments(2)