忙しくてもおいしいごはんを作りたいのだ

muutaru.exblog.jp
ブログトップ

2017年 08月 08日 ( 2 )


2017年 08月 08日

刻み昆布の

戻した戻し汁は
昆布だしとして
充分に利用可能、とのこと。
(´ω`)
[PR]

by muutaru | 2017-08-08 07:00 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 08日

豚の甜麺醤炒め

e0087277_512177.jpg













川津幸子さんの本にはチャチャっと
お肉料理で参考になるものが
多く載っています。

いくつかメモして持ち歩いているほど
頼りにしています。


甜麺醤 を使った炒めもは
そろそろ十八番として暗記したい処。

中華の基本的なレシピだと思うのですが。

①豚コマに下味を付ける
 (肉300g、紹興酒大さじ1/2、塩コショウ少々)

②にんにく・しょうがはみじん切り

③豚肉に片栗粉をまぶして炒める

④にんにくしょうがを入れる

⑤香りが立ったら斜め切りの長ネギ入れ

⑥合わせ調味料を入れる

(合わせ調味料)
甜麺醤    大さじ1半
紹興酒    大さじ1半
砂糖      大さじ半
水       大さじ2
鶏スープ素  少々
こしょう    少々

この配合を覚えたいんですけど
なかなか見ないと思い出せませんっ。

甜麺醤と紹興酒 で本格的な
良いお味、片栗粉効果で豚も
柔らかく仕上がります。

焼く前の片栗粉、中華ではお約束ですが
先日チンチャオロースの回で菰田さん曰く
「豚バラは加熱しても柔らかいので
粉は省略可」 とのことです。
(´▽`) )

確かに☆豚バラはやる意味なさそう。
それ以外の豚は炒めるならやっぱり
ひと手間省かない方がおいしく出来ますネ☆

がしかし、やってしまえば大した事ない
のですが、やらないとと思っている段階では
相当めんどくさいのは間違いないのでした・・・
(;´д`)

今回やっぱり美味しかったので
ちゃんとやろう!
[PR]

by muutaru | 2017-08-08 05:28 | メイン | Trackback | Comments(0)